協会の概要

当協会について 当協会の方針と事業 公益法人制度改革 情報公開

 

当協会について

●会長ご挨拶

会長 小出 和郎((株)都市環境研究所 会長) 

 本日、総会で理事に再任され、先ほど理事会で会長に選任されました小出です。よろしくお願いします。
 松田前会長には、副会長を含めて4年、協会の運営にご尽力いただき、2年間会長を務めていただきました。松田さんの会長退任の意向が強く、この度、長く民間プランナーを経験してきた私が会長をお引き受けすることとなりました。また、内田様、佐谷様にも8年にわたり協会に貢献いただきました。みなさまにお礼を申し上げます。
 大変な重責を担うことになりますが、理事各位とともに、国土交通省の方々をはじめ関係者各位のご協力をいただきまして、着実な協会の運営を行ってまいりたいと思っております。
 私ども、都市計画コンサルタント、あるいは都市計画プランナーは、都市の計画づくりの実務者集団であります。都市の活力の向上、人々の生活の質の向上について重要な役割を担っています。
 都市計画の役割は、時代、社会の変化に応じて変化します。本協会が創立された(昭和48年)頃は、発展する都市をつくり、かつコントロールする計画が求められました。
 その後、少子高齢化社会ではコンパクトシティなどの新しい枠組みが示されました。
 さらに今はコロナ禍の中で都市像の変化が起きつつあり、従来の都市のあり方が問われています。
 新しい課題、テーマは次々に登場します。スマートシティや、そのほかにも「強靭なまち」、「河川とまち」など新しいテーマも出てきています。
 当協会では、2013年に策定した「協会ビジョン」において、「コンサルタントの職能確立」、「社会的活動の展開と地域社会への貢献」「そのための組織強化」をあげています。この方針は変化ありませんが、現在、ビジョンの見直し作業も進めています。
 さらに、具体的には関連団体の共同で、認定都市計画プランナーの制度化を進めて、目標とした国交省の登録資格とするという大変大きな成果となりました。
 さらにejob事業(都市計画優良業務)登録制度も進めています。
 都市計画学会、都市計画協会、都市計画家協会の方々に厚くお礼を申し上げます。これらをはじめ都市計画及び関連分野との交流、共同の活動をさらに進めたいと思います。
 最後に、認定プランナー制度を活用した都市計画行政と実務家のコラボレーションの具体化を通じた社会貢献の仕組みづくりを行うこと、そして都市計画コンサルタント協会の世代交代を図ることをお約束して、私の挨拶としたいと思います。

令和3年 6月吉日

●協会パンフレット

●設立の経緯
  我が国の建設コンサルタントは、昭和24年にその兆があらわれ、都市計画コンサルタントは、昭和30年代から業務を開始しました。この状況を受け、昭和42年、都市計画コンサルタント協議会(会員数23)が発足しましたが、その後公共事業の増加に伴い、組織の強化を図るため昭和48年都市計画コンサルタント協会を設立し、昭和49年5月28日に公益法人の認可を得て社団法人に移行し、一般社団法人への移行認可を得て平成25年4月1日に一般社団法人に移行し、現在に至っております。
 
●設立の目的
  当協会は、都市計画技術の向上並びに都市計画コンサルタント業務の健全な発展を図り、都市計画事業の進歩発展に寄与することを目的としております。
 
●会員
  当協会には、正会員、準会員(法人、個人)、特別会員、賛助会員があります。 会員の特典等につきましてはこちらをご覧下さい。
 
●当協会の構成
  一般社団法人に移行して7年目に当たる令和元年度の協会組織を、「新生都市計画コンサルタント協会のビジョン」を基に、協会活動を継続していくこととし、本年度が都市計画法制定100周年を迎え、それを記念する事業の実施、(公社)日本都市計画学会の全国大会における連携事業の実施及び協会ビジョン2020アクションプランの作成のための部会を事業委員会の下に設置することとし、委員会等を下図のように構成する。

●アクセス
当協会へは
交通
●地下鉄有楽町線 永田町駅出口4
●地下鉄半蔵門線 半蔵門駅出口1
より徒歩約5分
map2n

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河
電話:03-3261-6058 FAX:186-03-3261-5082
E-mail:info@toshicon.or.jp

 


hoshin_read

当協会は、関連機関・団体等とも交流・連携して、都市計画に対する社会的認識の強化、都市計画技術の向上並びに都市計画コンサルタント業務の健全な発展を図りつつ、専門家集団として、都市・生活を豊かにするための諸課題に鋭意取り組み、社会的要請に的確に応えることを基本方針としています。

 

p_hoshin_01

 

協会の目的を達するため、次のような活動を行っています。

1.都市計画コンサルタント業務の支援  
【業務活動の支援】  
会員名簿の発行、会員相互の交流・連携 p_hoshin_02
p_hoshin_03
国の都市政策・都市計画関連情報の提供、都市計画関連図書の発行、頒布、案内
都市計画業務の受発注に関する情報等の提供
都市計画コンサルタント業務に関する指導、相談
【業務活動の改善】
都市計画業務の発注方式のガイドラインの普及・啓蒙等業務発注方式の適正化に向けての継続的取り組み
国、地方自治体等に対し都市計画コンサルタント業務のあり方に関する提言
都市計画コンサルタント業務の受発注に関する情報の収集分析と公表
   
2.都市計画コンサルタント技術者の支援
【技術者の資質、技術力の向上】
専門能力の維持・向上と人材育成の支援
都市計画CPDプログラムの充実と運用の改善
都市計画に関する講習会・研修会等の開催
まちづくり技術交流部会の研究交流活動
都市計画コンサルタント業務の発表会の開催
都市区画整理事業マネジメント業務の仕様書等の検討
【技術者に対する信頼・評価の向上】
都市計画実務専門家認定・登録制度の検討
都市計画コンサルタント優良業務登録制度の検討
専門能力等の社会的表示の仕組みの検討
コンサルタント業務の社会への情報発信
会員の倫理意識の向上
   
3.社会貢献に関する取り組み  
【都市計画を通じた地域貢献・社会貢献に係わる取り組み】  
地方自治体の都市計画業務の支援  
地域に密着した地元活動の支援
都市のコンパクト化、大規模災害への対応等に関する都市計画の制度や技術の調査研究及び提言等
まちづくり月間行事等の都市計画推移事業への協賛等
   
【大規模災害に対する取り込み】
東日本大震災復興への取り組み
今後の大規模災害への対応策と即応体制の調査・検討
   
4.関連団体との交流等
【都市計画関連団体等との交流・連携】
都市計画・まちづくり関連団体等との交流・連携
国(国土交通省等)・地方公共団体(都道府県、市町村)との交流・連携
学会(都市計画学会等)、大学(都市計画関係学科)との交流・連携
その他都市計画コンサルタント業の発展に資する交流・連携
【会員と一体となった教会組織・活動の強化】
協会組織の強化=会員のメリットの充実と活動の活性化
プラットフォームの構築

 

公益法人制度改革
 一般社団法人への移行申請を行った際に提出を致しました公益目的支出計画実施計画の実施が平成27年3月31日をもって完了したことが内閣総理大臣に確認されました。
これで当協会は、内閣府の監督対象外となりました。
確認書は次をクリックしてください。
 ファイル確認書

 


 

情報公開

acrobat

PDFファイルをご覧になるためには、アクロバットリーダー(無償)が必要です。
上のアイコンをクリックするとダウンロードページへジャンプします。

 

定款及び事業規模等
定款 (PDF  251KB)
役員名簿 (PDF  241KB)
令和2年度事業報告書 (PDF  207KB)
③令和2年度 決算  
 ■ 一般会計貸借対照表 (PDF  40KB)
 ■ 一般会計正味財産増減計算書 (PDF  193KB)
 ■ 特別会計貸借対照表 (PDF  40KB)
 ■ 特別会計正味財産増減計算書 (PDF  199KB)
④令和3年度 事業計画  
 ■ 事業計画 (PDF  104KB)
 ■ 認定都市プランナー認定登録事業に関する実施計画 (PDF  40KB)
⑤令和2年度 予算  
 ■ 一般会計正味財産計算書 (PDF 207KB)
 ■ 特別会計正味財産計算書 (PDF 212KB)