講習会・セミナー 2021年度

 

都市懇サロン 都市計画実務者講習会 技術士セミナー 講習会・研究会・説明会・勉強会・見学会

都市懇サロン

 当協会では、平成7年10月より、都市に関連する新しい動向に触れ、またご出席の皆さんが相互に交流する場として、「都市懇サロン」を開催しております。このサロンでは、各分野の第一線で御活躍されておられる方をお招きしてお話をいただき、そのテーマをもとに自由闊達に質問や議論を行うことにより、自己研鑽にも役立てていただくことも目的の一つとしております。
 会員に限らず一般の方及び学生の皆様も気軽に参加していただけますので、ご希望の方は是非ともご参加ください。
 なお、このサロンは、これまでの各回はそれぞれ都市計画 CPDプログラムの認定を受けて開催してきております。

各回共通

 開催時間:原則として1月、8月を除く毎月火曜日18:00~20:00
 開催場所:当協会会議室(当分の間は、Webセミナーとして開催します。)
 定  員:25名(Webセミナーの場合は、定員を増やします。)
 申  込:原則として各開催日の前週金曜日までに以下の各回お申し込み欄の
      「参加申し込み」ボタンからお願いします。

 


都市懇サロンを次のように予定しておりますので皆様の参加をお待ちしております。
(都合により、テーマ及び講師の方が変更になる場合がありますので、ご了承ください。)

開催年月日
(回数)

※最新の開催が上段に掲載されますのでご確認ください。

テーマ
お話して頂く内容は、各開催の(詳細PDF)
をご確認ください。
都市計画CPD
(ポイント
及び
認定番号)
お申込み
(ボタンをクリック)
レポート
256回

R03.
12.14(火)

タクティカル・アーバニズムとデンマークの都市空間(詳細PDF)

一般社団法人ソトノバ パートナー /東京都立大学博士課程
 矢野拓洋さん 

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)
受講のキャンセルは、12月10日(金)まで受け付けます。それ以後は、受講されなくても参加費をいただきます。

2ポイント

準備中

22210033
255回

R03.
11.9(火)

都市計画における流域思考の必要性

                   (詳細PDF)

慶應義塾大学名誉教授 NPO法人鶴見川流域ネットワーキング代表理事 岸 由二さん 

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

受講のキャンセルは、11月5日(金)まで受け付けます。それ以後は、受講されなくても参加費をいただきます。

2ポイント
終了

準備中

22210028
254回

R03.
10.12(火)

『交通とまちづくり ~立地適正化と地域公共交通を一体的に考える~』(詳細PDF)

国土交通省総合政策局 交通政策課

企画室長 赤星 健太郎 さん 

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

受講のキャンセルは、10月8日(金)まで受け付けます。それ以後は、受講されなくても参加費をいただきます。

2ポイント
終了

PDF

22210022
253回

R03.
09.14(火)

『新宿駅直近地区土地区画整理事業について ~人中心のまち「新宿」の形成にむけて~ 』(詳細PDF)

  東京都都市整備局 市街地整備部企画課    
拠点整備事業専門課長 前田 啓太 さん

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

受講のキャンセルは、9月10日(金)まで受け付けます。それ以後は、受講されなくても参加費をいただきます。

2ポイント
終了

PDF

22210020
252回

R03.
07.13(火)

『環境指標は「省エネ」から「健康」へ ~スマートウェルネスオフィス~
(詳細PDF)

国立大学法人千葉大学大学院、准教授 林 立也 先生

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

受講のキャンセルは、7月8日(木)までとさせていただきます。それ以降は、受講されなくても資料代をいただきます。

2ポイント
終了

PDF

22210015
251回

R03.
06.08(火)

『国土交通省Project PLATEAUについて―3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクトについて』(詳細PDF)

  国土交通省 都市局都市政策課
         課長補佐 内山 裕弥 さん

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

2ポイント
終了

PDF

22210012
250回

R03.
05.18(火)

『令和3年度国土交通省都市局関係予算等について』(詳細PDF)

国土交通省都市局都市計画課      
企画専門官 犬飼 武 さん

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

2ポイント
終了

PDF

22210009
249回

R03.
04.13(火)

『令和2年度 都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

  • Wi-Fiパケットセンサーを用いた歩行者の回遊行動の調査分析
      (株)片平新日本技研 木元 耀大 さん
  • 「いこま空き家流通促進プラットホーム」のコンサルティング力向上と機能拡大に関する支援
      昭和(株) 白石 将生 さん

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

2ポイント
終了

PDF

22210007
248回

R03.
03.09(火)

『郊外の空きストックの活かしたまちづくり』(詳細PDF)

 株式会社タウンキッチン                       
代表 北池 智一郎 さん

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

2ポイント
終了

PDF

22210005
247回 R03.
02.09(火)

『withコロナ・afterコロナを見据えた公共空間活用~SAGAナイトテラスチャレンジ等のさがデザインによる取組みを通して~』 (詳細PDF)

佐賀県政策部政策チーム
さがデザイン担当係長 森岡 貴之 さん

Webセミナー(Zoom)として実施します。
※ 開催時間が15時から17時になっています。ご注意ください。

2ポイント

 

終了
PDF
22210004
246回

R03.
01.19(火)

『スマートシティのエネルギーマネジメント~DX時代の気象データ活用~』(詳細PDF)

 一般財団法人 日本気象協会 環境・エネルギー事業部 副部長 森 康彰 さん

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

2ポイント
終了

PDF

22200024
245回 R02.
12.08(火)

『「新型コロナがもたらす「ニュー・ノーマル」に対応したまちづくりの新しい政策の方向性』 (詳細PDF)

国土交通省 都市局まちづくり推進課 企画専門官 坂本 光英 さん

Webセミナー(Zoom)として実施します。

2ポイント

 

終了
PDF
22200023
244回

R02.
11.10(火)

水災害対策とまちづくりの連携(詳細PDF)

 日本大学理工学部土木工学科 教授 中村 英夫 先生

Webセミナーとして実施します。(Zoomを使用します。)

22200017
終了

PDF

2ポイント
243回 R02.
10.13(火)

『ゲストハウスの現状とコミュニティビジネスやワーケーションの可能性』 (詳細PDF)

株式会社Little Japan 代表取締役 柚木 理雄さん

Webセミナー(Zoom)として実施します。

22200015

 

終了
PDF
2ポイント
242回

R02.
07.14(火)

『首都圏におけるニュータウンの現状と課題及び駅力調査』(詳細PDF)

 NPO法人 まちナビ倶楽部 理事 早坂 昭博 さん

Webセミナーの試行として実施します。(Zoomを使用します。)
試行につき、資料代は無料とします。

22200009
終了

PDF

2ポイント
241回

R02.
05.12(火)

感染防止のため中止します。

「都市再生特別措置法等の一部を改正する法律案等について」(詳細PDF

 国土交通省都市局都市計画課 施設計画調整官 東 智徳 さん

22200008

お話しして頂く内容から、中止とさせていただきます。  
2ポイント
240回

R02.
09.09(水

『開発型からアップデートへ ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか』(詳細PDF

 ドイツ在住ジャーナリスト 高松 平藏さん

2ポイント
終了

PDF

22200004
239回 R02.
08.06(木)

『別解|もう1つのまちづくり x Advertising
  ~なぜ広告会社の私が「まちを創る」に挑むのか。』 (詳細PDF

株式会社博報堂 ブランド・イノベーションデザイン副代表、スマートx都市デザイン研究所所長 地域事業統括局兼務
 深谷  信介 さん

Webセミナー(Zoom)に参加を希望される方は、こちらの参加申込ボタンをクリックし、申し込み手続きをしてください。(資料代は、1,000円(送金手数料はご負担ください。))

2ポイント

 

終了
準備中
22200003
238回 R02.
02.13(木)

『左近山団地パークプロジェクト』(詳細PDF)

株式会社スタジオゲンクマガイ(STGK Inc.)
 代表 熊谷 玄 さん

2ポイント
終了

PDF

22200001
237回 R01.
12.10(火)
『人口減少時代の都市計画』 (詳細PDF)

首都大学東京 都市環境科学研究科 都市政策科学域
 教授 饗庭 伸 先生

2ポイント

終了
PDF
22190040
236回 R01.
11.06(水)

『令和元年度 都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

  • 観光地における利用者視点を加えた施設評価指標の構築と異業種協働による施設整備計画の検討について
    (株)日本設計 中山 佳子 さん
  • 生駒市における空き家流通促進プラットホームの検討
    (株)地域計画建築研究所 坂井 信行 さん
  • 都市部における「空き家予備軍」の特性把握
    ~東京都調布市の空き家等対策の取組事例~
    (株) パスコ 大山 哲也 さん

※ 協働:(株)日本設計 中山佳子、(株)博報堂 深谷信介

2ポイント
終了

PDF

22190038
235回 R01.
10.8(火)
『ウォーカブルなまちづくり ~居心地の良い歩きたくなる街路づくりに向けて~』 (詳細PDF)

国土交通省都市局街路交通施設課 街路交通施設安全対策官 奥田 謁夫  さん

2ポイント

終了
PDF
22190033
234回 R01.
9.10(火)

『都市公園法の公募設置管理制度(Park-PFI)とその推進支援ネットワーク(PPnet)等について』(詳細PDF)
(一社)日本公園緑地協会 常務理事 兼公園緑地研究所 副所長 橘 俊光 さん

2ポイント

終了

PDF

22190025
233回 R01.
7.9(火)
『東京駅の変遷  ~平成の変化と発展~』 (詳細PDF)

 JR東日本コンサルタンツ(株) 常務取締役 山口 保幸 さん

2ポイント

終了 PDF
22190015
232回 R01.
6.18(火)

『地域のモビリティ確保の知恵袋~「人の集まり」と「人の流れ」の分析に基づいた交通拠点とネットワークに関する検討』(詳細PDF)
国土交通省 総合政策局 総務課(総合交通体系) 専門調査官 森山 崇 さん

2ポイント

終了 PDF
22190010
231回 R01.
5.14(火)
『(仮)まちづくりの最近の話題』2019年度国土交通省都市局予算概要など (詳細PDF)

 国土交通省都市局都市計画課 施設計画調整官 筒井 祐治 さん

2ポイント

終了 PDF
22190007
230回 H31.
4.16(火)
『平成30年度 都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

・農山村地域における安全安心な生活空間の確保、持続可能な集落形態への再編のあり方
 ~丹波豪雨災害を契機とした住民主体の山裾余裕域及び土地利用計画の検討から~
(株)ウエスコ 井原 友建 さん
・既成市街地全域が津波浸水想定区域の地方都市における立地適正化計画策定に係る検討(高知県須崎市)
(株)URリンケージ 板橋 正明 さん
・人口減少下の活力を高める都市づくり
 ~磐田市における立適・都市マス・調整区域の地区計画方針の一体的策定事例~
昭和(株) 雨宮 知宏 さん

2ポイント

終了

PDF

22190006
229回 H31.
3.12(火)
『都市計画のミライを考える』デジタル・トランスフォーメーションとフィンテックを中心に近未来のまちづくりを考える (詳細PDF)

 ノースアジア大学 特任教授 野口 秀行 さん

2ポイント

終了

PDF

22190001
228回 H31.
2.12(火)
『都市計画のミライを考える』貸借円滑化法と都市農地活用の新たな局面 (詳細PDF)

 一般財団法人都市農地活用支援センター
    常務理事 佐藤 啓二 さん

2ポイント

終了 PDF
22180032
227回 H30.
12.11(火)
『都市計画のミライを考える』合意形成活動等の将来展望 (詳細PDF

 株式会社三菱総合研究所 地域創生事業本部
  地域づくり戦略グループ 主席研究員 矢嶋 宏光 さん

2ポイント

終了 PDF
22180031
226回 H30.
11.13(火)
『都市の本当の魅力の測り方』(詳細PDF)

 株式会社LIFULL LIFULL HOME’S総研
  所長 島原 万丈 さん
2ポイント 終了 PDF
22180028
225回 H30.
10.9(火)
『民間都市プランナーから見る国の都市計画、地方自治体の都市計画』(詳細PDF)

野口都市研究所 代表取締役 野口 和雄 さん
2ポイント 終了 PDF
22180026
224回 H30.
9.13(木)
『線引き制度の行方~制度発足から50年を振り返って~』(詳細PDF)

C-まち計画室 代表 柳沢 厚 さん
2ポイント 終了 PDF
22180025
223回 H30.
7.10(火)
『復興まちづくりのための事前準備ガイドラインと地方公共団体での取組みの推進について』(詳細PDF)

国土交通省都市局 荒井 知己さん
2ポイント 終了 PDF
22180022
222回 H30.
6.12(火)
『今すぐ使えるi-都市再生~都市構造可視化を活用したまちづくり~』(詳細PDF)

国土交通省都市局 赤星 健太郎さん

2ポイント

終了 PDF
22180021
221回 H30.
5.18(金)
『まちづくりの最近の話題』(詳細PDF)

国土交通省都市局 鹿子木 靖さん
2ポイント 終了 PDF
22180005
220回 H30.
4.10(火)
『地権者主体のNPO法人による官民施設の一体管理・運営』(詳細PDF)

㈱シグマ開発計画研究所 原 拓也さん

2ポイント

終了 PDF
22180004
219回 H30.
3.13(火)
『MINTO機構によるまちづくり支援について』(詳細PDF)

一般財団法人民間都市開発推進機構 企画部企画課長 兼中心市街地活性化支援室
今泉浩一 さん
2ポイント 終了 PDF
22180003
218回 H30.
2.9(金)
『共同建替えを柱にすえた密集市街地の再生事業~射水市放生津地区での取り組み~』(詳細PDF)

㈱まちづくり研究所 丸山 豊さん
2ポイント 終了 PDF
22180001
217回 H29.
12.5(火)
『プレイスメイキングによる都市空間形成~賑わいや居心地良い空間づくり~』(詳細PDF)

筑波大学 准教授 渡 和由 先生
2ポイント 終了 PDF
22170026
216回 H29.
11.14(火)
『H29都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

㈱国際開発コンサルタンツ 松下佳広さん
玉野総合コンサルタント㈱高柳澄人さん
2ポイント 終了 PDF
22170024
215回 H29.
10.26(木)
『歴史的遺産を活かしたまちづくりについて』(詳細PDF)

㈱都市環境研究所
代表取締役所長 小出和郎さん
2ポイント 終了 PDF
22170023
214回 H29.
9.26(火)
『都市緑地法等の一部を改正する法律の概要について』(詳細PDF)

国土交通省都市局公園緑地・景観課
緑地環境室長 古澤達也さん
2ポイント 終了 PDF
22170016
213回 H29.
7.11(火)
『多摩ニュータウンにおける団地再生』(詳細PDF)

法人多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
理事長 戸辺文博さん
2ポイント 終了 PDF
22170007
212回 H29.
6.20(火)
『コミュニティデザイン:担い手の育成支援のポイントとは』(詳細PDF)

㈱計画技術研究所
代表取締役 佐谷和江さん
2ポイント 終了 PDF
22170013
211回 H29.
5.16(火)
『平成29年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)

国土交通省都市局まちづくり推進課
官民連携推進室長 中村健一さん
2ポイント 終了 PDF
22170005
210回 H29.
4.18(火)
『まちの価値を高めるための新たな公共空間利活用方策の試み』(詳細PDF)

㈱日建設計総合研究所
主任研究員 西尾京介さん
2ポイント 終了 PDF
22170002
209回 H29.
3.7(火)
『~エネルギー(電力・熱)活用の応用~コージェネレーションが実現する強く活力のあるまちづくり』(詳細PDF)

コージェネ財団普及促進部
担当部長 古後康之さん
2ポイント 終了 PDF
22170001
208回 H29.
02.14(火)
『雨と緑を活用したグリーンインフラ』(詳細PDF)

東邦レオ㈱ 緑化関連事業部
部長 日置大輔さん
2ポイント 終了 PDF
22160048
207回 H28.
12.15(木)
『津波被害からの復興まちづくりガイダンスについて』(詳細PDF)

国土交通省都市局都市安全課
都市防災対策企画室長 鈴木徹さん
2ポイント 終了 PDF
22160047
206回 H28.
11.08(火)
『密集市街地におけるまちづくりの可能性』(詳細PDF)

㈱双葉 常務取締役
舟山光雄さん
2ポイント 終了 PDF
22160043
205回 H28.
10.11(火)
『沿道整備街路事業を活用した面的市街地整備の事例紹介』(詳細PDF)

東日本総合計画㈱ まちづくり本部長
米山芳広 さん
2ポイント 終了 PDF
22160041
204回 H28.
09.20(火)
『飯田橋駅周辺でのまちづくりへの取組について』(詳細PDF)

㈱山下設計 都市計画部長
藁谷功 さん
2ポイント 終了 PDF
22160040
203回 H28.
07.26(火)
『近代ニュータウンの系譜』(詳細PDF)

元(一社)都市計画コンサルタント協会
会長 佐藤 健正 さん
2ポイント 終了 PDF
22160036
202回 H28.
06.28(火)
『立体換地制度の新たな展開について』(詳細PDF)

国土交通省都市局市街地整備課
拠点整備事業推進官 筒井 祐治 さん
2ポイント 終了 PDF
22160034
201回 H28.
05.24(火)
『住民参画によるまちづくりの実践~つくばにおけるまち育て事業モデル~』(詳細PDF)

一財)つくば都市交通センター
理事長 伊藤 節治 さん
2ポイント 終了 PDF
22160032
200回 H28.
04.19(火)
『平成28年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)

国土交通省 都市局 まちづくり推進課
官民連携推進室長 中村 健一 さん
2ポイント 終了 PDF
22160004
199回 H28.
03.15(火)
『住まい・暮らし発―市民社会の担い手育ち~コレクティブハウスの15年~』(詳細PDF)

NPO法人コレクティブハウジング社
理事 狩野 三枝 さん
2ポイント 終了 PDF
22160002
198回 H28.
02.23(火)
『鉄道沿線のまちづくりについて』(詳細PDF)

国土交通省 都市局 街路交通施設課 街路交通施設企画室
企画専門官 酒井 了 さん
2ポイント 終了 PDF
22160001
197回 H27.
12.17(木)
『地域包括ケアと柏市のまちづくり』(詳細PDF)

柏市都市部都市計画課
統括リーダー  梅澤 貴義 さん
2ポイント 終了 PDF
22150021
196回 H27.
11.24(火)
『市民参加型防災まちづくりの合意形成』(詳細PDF)

鶴見 英次 さん( ㈱都市交流プランニング)、林 将廣 さん(㈱アイ・エス・エ ス創研)、松下 佳広 さん(株式会社国際開発コンサルタンツ)
2ポイント 終了 PDF
22150019
195回 H27.
10.29(木)
『中国諸都市のまちづくり最新事情――地下空間の活用を中心として――』(詳細PDF)

都市地下空間活用研究会
主任研究員  粕谷 太郎氏
2ポイント 終了 PDF
22150017
194回 H27.
09.08(火)
『まちづくりと連携した地下鉄整備の展開について』(詳細PDF)

東京地下鉄㈱取締役
望月 明彦氏
2ポイント 終了 PDF
22150015
193回 H27.
07.14(火)
『トヨタ財団の助成事例にみる地方創生のヒント』(詳細PDF)

公益財団法人トヨタ財団国内助成グループグループリーダー
喜田 亮子氏
2ポイント 終了 PDF
22150014
192回 H27.
06.30(火)
『新たなステージに対応した防災・減災のあり方について』(詳細PDF)

国土交通省水管理・国土保全局 防災課
大規模地震対策推進室長  藤兼 雅和氏
2ポイント 終了 PDF
22150013
191回 H27.
05.19(火)
『平成27年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)

国土交通省 都市局 まちづくり推進課
官民連携推進室長 中村 健一 氏
2ポイント 終了 PDF
22150008
190回 H27.
04.14(火)
『東日本大震災復興まちづくりのあり方に関する調査・研究』(詳細PDF)

講師:日本測地設計㈱
鳥飼 修 氏
講師:㈱市浦ハウジング&プランニング
西郷 裕之 氏
2ポイント 終了 PDF
22150003
189回 H27.
03.10(火)
『≪国土のグランドデザイン2050≫が描くこの国の未来』

(詳細PDF)
講師:国土交通省国土政策局

国土政策企画官 小松 雅人 氏
2ポイント 終了 PDF
22150002
188回 H27.
02.03(火)
『都市の彩りとは何か』(詳細PDF)
講師:㈱地域計画建築研究所

 チームリーダー 坂井 信行 氏
2ポイント 終了 PDF
22150001
187回 H26.
12.09(火)
『都市の公共オープンスペースのリノベーション ~その活用にむけての官民連携とデザイン手法~』

(詳細PDF)
講師:芝浦工業大学 システム理工学部

環境システム学科 教授 中野 恒明 氏
2ポイント 終了 PDF
22140026
186回 H26.
11.19(水)
『東日本大震災の復興から考えるこれからのまちづくり』(詳細PDF)
講師:
㈱東京建設コンサルタント 平井 一男 氏 (岩手県大槌町での取り組み)
㈱地域計画連合 菅原 康晃 氏 (福島県新地町での取り組み)
㈱アルテップ 柳瀬 有志 氏 (福島県双葉町での取り組み)
2ポイント 終了 PDF
22140024
185回 H26.
10.28(火)
『都市構造の評価に関するハンドブックについて  “人口減少に対応した都市構造の実現のために”』

(詳細PDF)
講師:国土交通省 都市局 都市計画課

企画専門官 筒井 祐治 氏
2ポイント 終了 PDF
22140022
184回 H26.
09.16(火)
『震災復興・地方都市の未来を共に創る。“身の丈まちづくりのご提案”』(詳細PDF)
講師:大和リース㈱  東京本店

PFI/PPP・震災事業推進室担当 立花 弘治 氏
2ポイント 終了 PDF
22140021
183回 H26.
07.29(火)
『復興まちづくり”とCMのあり方』(詳細PDF)
講師:㈱オオバ 震災復興事業本部

副本部長 赤川 俊哉 氏
2ポイント 終了 PDF
22140013
182回 H26.
06.24(火)
『これからの「健康・医療・福祉のまちづくり」について』(詳細PDF)
講師:国土交通省都市局街路交通施設課

企画専門官 東  智徳 氏
2ポイント 終了 PDF
22140012
181回 H26.
05.20(火)
『わが国初のライジングボラードの社会実験について』(詳細PDF)
講師:(公財)国際交通安全学会

「天下の公道」と生活道路に関する研究会 委員 松原 悟朗 氏
2ポイント 終了 PDF
22140008
180回 H26.
04.15(火)
『平成26年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)
講師:国土交通省 都市局 まちづくり推進課

官民連携推進室長 中村 純 氏
2ポイント 終了 PDF
22140007
179回 H26.
03.04(火)
『東京都における密集市街地整備の取組~不燃化10年プロジェクト「不燃化特区」の取組~』(詳細PDF)
講師:東京都 都市整備局 市街地整備部

防災都市づくり調整担当課長 松本 祐一 氏
2ポイント 終了 PDF
22140002
178回 H26.
02.25(火)
『西富久地区の再開発事業  まち守る願い、住み続けられる“まちづくり”をめざして  ~住民主導の都市再生への取り組み~』(詳細PDF)
講師:(株)まちづくり研究所

代表取締役 増田由子 氏
2ポイント 終了 PDF
22140001
177回 H25.
12.17(火)
『密集市街地の再整備 住民と行政のパートナーシップのまちづくり 浦安市堀江・猫実B地区土地区画整理事業』(詳細PDF)
講師:日本測地設計(株)

技術本部 開発計画部 係長 岩城 淳一 氏
2ポイント 終了 PDF
22130024
176回 H25.
11.12(火)
『地下街の防災対策』  (詳細PDF)
講師:一般財団法人都市みらい推進機構

都市地下空間活用研究会 主任研究員 粕谷 太郎 氏
2ポイント 終了 PDF
22130023
175回 H25.
10.22(火)
『低炭素まちづくりに向けて ―コンサルタントの役どころを考える―』  (詳細PDF)
講師:㈱サンワコン 環境共生部

部長 桶谷 治寛 氏
2ポイント 終了 PDF
22130022
174回 H25.
09.19(木)
『葛城地区のまちづくり―市民協働まちづくりへの挑戦―』  (詳細PDF)
講師:一般財団法人 つくば都市交通センター

理事長 伊藤 節治 氏
2ポイント 終了 PDF
22130017
173回 H25.
07.09(火)
『官民連携による都市輸出』  (詳細PDF)
講師:UR都市機構 都市再生部

部付 長野 啓 氏
2ポイント 終了 PDF
22130016
172回 H25.
06.18(火)
『漁村と都市計画の関係について』  (詳細PDF)
講師:水産庁 漁港漁場整備部 防災漁村課

防災計画官 若山 真樹 氏
2ポイント 終了 PDF
22130015
171回 H25.
05.14(火)
『地域活性化に向けて
  ~都市の再構築戦略~』  (詳細PDF)
講師:国土交通省 まちづくり推進課

官民連携推進室 室長 佐藤 哲也 氏
2ポイント 終了 PDF
22130010
170回 H25.
04.16(火)
『商店街巻き込み型のまちづくりの実践』  (詳細PDF)
講師:第三次中野区社会福祉活動計画

策定委員 山本 祐也 氏
2ポイント 終了 PDF
22130009

 

 

 

 

都市計画実務者講習会

令和3年度 『都市計画実務者講習会』開催について

CPD単位 4.5ポイント
認定番号 22210013

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

 

 新型コロナウイルス感染から日常の行動様式が大きく変化し、新たな日常生活などに対応した都市づくりを進めていくことが求められています。また、情報技術の進展には目覚ましいものがあり、都市計画においてもデジタル化に対応していくことが求められています。国土交通省都市局では、令和2年度において「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」(座長:出口 敦 東京大学大学院教授)を開催し、ニューノーマルに対応した都市政策のあり方について検討してきています。
 また、令和3年度予算等においては、防災・減災のまちづくりを推進するための制度が創設されています。
今年度の都市計画実務講習会では、これからの街づくりに関連する施策などについて、東京大学大学院 教授 出口 先生、国土交通省都市局の担当者から解説して頂きます。
 これからの新しいまちづくりを進める上での重要な知見を得られる機会です。
 是非、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

※ 新型コロナウイルスの感染が拡大し、東京都に8月22日まで緊急事態宣言が発令されることに伴い、会場での受講を中止し、Webセミナーでの受講だけにしました。

(詳細PDF)

≪※時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承ください。≫

日  時 令和3年8月4日(水) 13:00~17:30  (受付開始12:30~)
場  所 Webセミナー(Zoom)
受講料(テキスト代を含む。) 当協会会員/公共団体 一 般(会員外)
Webセミナー:4,000円 Webセミナー:6,000円
申込・締切
定 員
申し込みは、7月28日(水) 午前中まで(なお、受講者に余裕がある場合は、締め切り以降でも受け付けます。下記の問い合わせまでご連絡ください。)
 定員:Webセミナー参加者 150名程度
受講料の支払

<銀行振込>
受講料は7月29日(木)午前中までに必ずお振込みください。
※振込の折は、「0804」あるいは会社名をご記入いただいたうえで、氏名をご記入(入力)下さい。
みずほ銀行 町村会館出張所 ちょうそんかいかんしゅっちょうじょ 普通預金 口座番号:2371822
シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

<クレジットカード払い>
申込時にクレジットカードによる支払を完了させていただきます。(開催方法が変更等になり、受講されなくなった場合は、受講料は発生しません。)

申込
 

終了しました。
 
問合せ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
       一般社団法人都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:安達
TEL: 03-3261-6058 / E-Mail: kyokutyo@toshicon.or.jp

 

プログラム

スケジュール
及び
講師(内容)
13:00~13:10 開会挨拶 一般社団法人都市計画コンサルタント協会
13:1014:10 ((1) 「ニューノーマルとスマート社会をみすえた都市政策と都市計画」
    東京大学大学院新領域創成科学研究科
          教授 出口 敦 先生
14:1515:15 (2)都市計画制度に関する最近の取組
    国土交通省都市局都市計画課     
          施設計画調整官 新屋 千樹 氏
休  憩
15:3016:15 (3)都市計画におけるデジタル化
    国土交通省都市局都市計画課  
          都市計画調査室長 東  智徳 氏
16:2017:20 (4)東日本大震災の復興事業の検証と今後のまちづくりへの展開
    国土交通省都市局市街地整備課
          課長 菊池 雅彦 氏
17:2017:30 閉会挨拶 一般社団法人都市計画コンサルタント協会

※ Web(Zoom)セミナーによる受講について

  •  Webセミナーは、Zoomを利用します。Zoomによる受講に必要な環境の整備は受講者でお願いいたします。
  •  講習会の資料は、PDFで講習会の数日前にメールにてお送りします。
  •  Webセミナーでの受講に必要なIDなどは、講習会の数日前にメールにてお送りします。
  •  通信環境等により、途中で視聴が出来なくなった方のために、後日録画を視聴できるように対応する予定です。
  •  講演内容等の録画は禁止します。

 

 

 

技術士セミナー

令和3年度 技術士第二次試験 受験対策実践セミナー
(建設部門 都市及び地方計画)

共 催 一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
一般社団法人 ランドスケープコンサルタンツ協会
公益社団法人 街づくり区画整理協会
後 援 公益財団法人 区画整理促進機構

 令和3年度技術士の第二次試験(筆記試験)が令和3年7月11日(日)に実施されます。(総合技術監理部門の必須科目を除く)
技術士の第二次試験は、平成25年度から試験内容が大きく変更になっているとともに、令和元度から試験の一部が変更となっています。主な変更点は、次の通りです。
1) 筆記試験の後、口頭試験の前に提出が義務づけられた技術的体験論文は無くなり、受験申し込みの際に提出される経験実績と合わせ、業務経歴票(証明書)の提出が義務付けられ、これが口頭試験の際の質疑に活用されます。
2) 必須科目であった択一式問題から、「技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力を問う記述論文に改正されました。(令和元年度より)
3) 従来の専門科目の選択回答と合わせ、より具体的な事案等を選択し、これに対する専門知識並びに応用能力に関すること及び問題解決能力並びに課題遂行能力に関することを問う記述論文が新設されました。(令和元年度より一部改正)
4) 口頭試験では、①技術士としての実務能力(コミュニケーション、リーダシ-シップ、評価、マネジメント)、②技術者としての適格性(技術者倫理、継続研鑽)について質問されること。‘令和元年度から)
都市計画コンサルタント協会では、受験者のニーズに対応するため、第二次試験(都市及び地方計画)の受験準備として4つの対策メニュー〔①~④〕を用意致しました。実務経験豊かな、会員各社の優秀な技術士の方々を講師にお迎えして、制度に対応した実践向きの講習・添削指導・模擬面接指導を行います。「都市及び地方計画」を専門とする受験者の皆様には、是非受講されることをお勧め致します。

ご案内(PDF)

※ セミナー等の開催日、内容等は、新型コロナウイルス感染状況により変更があります。ホームページ等でご確認ください。

※都市計画CPDのポイントは、下記②のみ付与されますので、ご了承下さい。

受験対策メニュー 内  容 日  程 申込締切 受講料
〔()は一般〕
①業務経歴票(証明書)添削指導 1人の添削指導者が1回 4月12日(月)迄に業務経歴票(証明書)を提出

終了しました

1回あたり
6,000円
(9,000円)

②受験対策実践セミナー

講 習 会 4月16日(金)

終了しました

会場で受講

12,000円
(18,000円)

Webで参加

10,000円
(13,000円)

③「必須科目・専門科目 論文」添削指導 1問に対して1人の
添削指導者が1回
6月23日(水)迄に論文を提出 終了しました 8,000円
(10,000円)
④模擬面接指導 2人の面接指導者が
模擬面接〔約30分〕
反省会〔約30分〕
合 計〔約60分〕
(於:当協会会議室)

11月15日(月)~30日(火)(予定)

令和3年11月5日(金)

※申込締切以降でも余裕があればお受けします。下記の問い合わせ先までご連絡ください。

15,000円
(23,000円)
 申込は各詳細の「申込方法」の「参加申し込み」ボタンからお申込ください。
 

 

 

原則としまして、受講料等は前払いでお振込みをお願い致しますが、(一社)都市計画コンサルタント協会 事務局 (TEL:03-3261-6058)までご連絡頂ければ、お支払い方法は対応致します。対策メニュー〔①~⑤〕を複数お申込みの方は、合計金額をお振込み下さい。

 

 

《受 験 生 の 声》
[セミナー受講生]

○予想問題を含めて、実践的な内容がたくさん盛込まれたセミナーでした。どの講師の方からも、「まだ間に合います。」という励ましのコメントがあったのは、大変勇気づけられました。
○合格者の方の体験談もとてもリアルで、当日のシュミレーションの手掛かりになりました。。
○セミナー受講によって、勉強の糸口が明確になった事、また、日常業務との結びつけも有効かつ重要であることに気付くことができました。

[模擬面接受講生]

○模擬面接前に自分でも想定質問を用意してあったのですが、講師の先生からはさらに高度な質問をいただきました。実際受験してみると、模擬面接の質問事項と口頭試験での質問事項がほぼ同じで、講師の先生の指摘の正確さを感じました。
「模擬面接を受けておいて良かった」と心から思いました。
○模擬面接後のフィードバックは的を得た指摘が多く、本番への対策としては非常に役立ちました。模擬面接の方が本番より突っ込んだ質問が多く、本番が多少楽に感じたほどでした。
○受験者へのアドバイスとして、『口頭模擬面接』これに尽きると思います。(一社)都市計画コンサルタント協会の模擬面接をやりながら、想定問答作成を進めるのが良いと思います。
○『模擬面接』は自分の弱点を露呈、結果的にこれを修補できたのが結果に結びついたと感じております。後日頂戴した講評の中では、厳しく的確なアドバイスがされており、この内容は口頭準備に大いに資することができました。

 

≪都市計画CPD会員の方へ≫・・・②受験対策実践セミナー申込の方へ

CPD単位

4ポイント

認定番号 22210008

本セミナーは、都市計画CPDプログラムの認定を受けております。当協会より、(公社)日本都市計画学会へ受講登録の申請手続きを致しますので、『①セミナー申込書』該当欄にカード番号をご記入下さい。

※(公社)日本都市計画学会会員(法人会員及び賛助会員を除く)の方は、自動的に会員カードがお手元に送られてきておりますのでご確認のうえ、申込ページ該当欄にカード番号をご記入下さい。

※都市計画CPD認定単位登録希望の方は申込ページ申込該当欄にご記入下さい。
(必ず生年月日をご記入下さい。)

当協会より、(公社)日本都市計画学会へ受講登録の申請手続きを致しますので、当協会ホームページより申込みの際は、『①セミナー申込書』該当欄にカード番号(必ず生年月日をご記入下さい。)をご記入下さい。

◎会員番号不明の方・申請中の方は、CPD会員番号を後日当協会事務局まで、必ずお知らせ下さい。

≪建設系CPD(日本造園学会他10団体)会員の方・・参考ホームページ http://www.cpd-ccesa.org/
夫々加入されている学協会へ、『CPDポイント』付与についてお問合せください。

 

①令和3年度 「業務経歴票(証明書)」添削指導

 平成25年度から、従来筆記試験合格後提出が義務付けられていた「技術的体験論文」に変わり、受験申し込みの際の「業務経歴票(証明書)」が改定され、業務経歴の中の一つを選択して、これに対する詳細をA4 1枚程度に記述して提出することになりました。筆記試験合格後の面接にこれが参考にされますので、従来の体験論文同様、立場、役割、成果をより簡潔にかつしっかりと自身のスキルをアピールできるように記述することが重要です。このためかねてから好評であった「技術的体験論文」の添削と同様に会員各社の経験豊かな専門技術士による、添削指導を次のように行いますので是非お申込み下さい。

添削方法 ○添削希望者の「業務経歴票(証明書)」に対して、1人の添削指導者が、原則1回の添削指導を行います。時間的な余裕がある場合は再度の添削指導も可能です。
業務経歴票(証明書)提出先 ○ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会 『添削指導』係
【切手94円貼付の返信用定型封筒を必ず同封してください。】
受付期間 令和3年3月17 日(水)~4月12日(月)迄≪必着≫
※協会到着後、2週間以内に添削して返却いたします。

 (都合により遅れる場合がありますので、ご了承ください。)
申込締切日 令和3年4月12日(月)≪必着≫
(公社)日本技術士会 締切≪4月19日(月)≫ の7日前としますが、早めにご提出お願い致します。
※4月2日(金)以降の申し込みの方は、『業務経歴票(証明書)のデータ』を協会宛て、郵送及び下記の問い合わせ先のE-Mailアドレスにて同時にお送りください。
申込方法
及び
問い合わせ先
受付は終了しました。
 

※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058 E-Mail: info@toshicon.or.jp

添削指導料 添削指導料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
1回に対しての添削指導料(2回以上の申込可)
会員・公共団体 6,000円 一  般 9,000円
振込先

みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
※ お振込みにあたって、通信欄に「ケイレキ」と入力後、会社名、氏名を入力ください。

 

②令和3年度 受験対策実践セミナー
(建設部門 都市及び地方計画)

※時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承下さい。
日    時 令和3年4月16日(金) 13:00~17:00  受付開始 12:30~
場    所 会場:公益財団法人都市計画協会会議室
   (東京都千代田区紀尾井町3番32号 都市計画会館 3階)
Webセミナー:Zoomミーティング
スケジュール
    及び
  講師(内容)
13:00~
   13:10
主催者開会挨拶
   一般社団法人都市計画コンサルタント協会 
13:10~
   14:00
【1】建設部門必須(技術士として当該部門全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの)及び答案記述のポイント

      ㈱URリンケージ

吉沼 叔孝 氏
14:00~
   14:40
【2】選択問題への対応策:都市計画、土地利用
      (株)国際開発コンサルタンツ

大崎 清史 氏
14:40~
   15:20
【3】選択問題への対応策:市街地整備(区画整理、再開発)
      ㈱オオバ

湯浅 敦司 氏
15:20~
   15:30
 休     息
15:30~
   16:10
【5】選択問題への対応策:交通計画
      パシフィックコンサルタンツ(株)

渡邉 健 氏
16:10~
   16:50
【6】選択問題への対応策:公園・緑地、環境、景観
      (株)URリンケージ

高橋 和嗣 氏
16:50~
   17:00
主催者閉会挨拶
      (一社)都市計画コンサルタント協会
テキスト申込締切日 令和3年4月7日(水)まで

申込方法
及び
問い合わせ先

終了しました。

※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058   E-Mail: info@toshicon.or.jp

テキスト代 テキスト代の振込につきましては、別途ご連絡を差し上げます。
会員・公共団体 Web:10,000円
会場:12,000円
一 般 Web:13,000円
会場:18,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
※ お振込みにあたって、通信欄に「0416」と記載の上、会社名、氏名をご記入ください。

  • Web(Zoom)セミナーでの受講について
    • Webセミナーでの受講は、Zoomを利用します。Zoomによる受講に必要な環境の整備は受講者者でお願いいたします。
    • 講習会の資料は、PDFで講習会の数日前にメールにてお送りします。
    • Webセミナーでの受講に必要なIDなどは、講習会の数日前にメールにてお送りします。
    • 通信環境等により、途中で視聴が出来なくなった方のために、後日録画をみられるように対応する予定です。

③令和3年度 「必須科目・専門科目 論文」添削指導

 平成19年度から、専門科目については基礎的専門知識だけでなく自分の経験等を踏まえたより広範な応用能力が求められるようになりました。平成25年度からはこれに加えて、具体的な問題解決能力が求められます。
 また、令和元年度からは、必須科目が択一式から論文形式に変更になりました。
 こうしたことへの対策として、会員各社の経験豊かな専門技術士による、専門科目についての添削指導を次のように行いますので是非お申込み下さい。

添削方法 ○1問に対して、1人の添削指導者が、1回の添削指導を行います。(2問以上の申込みも可能です。)
添削問題はテキスト【6】演習問題又は【8】過去問題より各自が選択してください。
注:提出論文には、必ず設問を記入してください。
○添削用紙は、テキストの巻末添付の答案用紙をコピーしてご使用下さい。(テキストは、記載されたご住所へ送付いたします。セミナーを受講された方は、当日のテキストをご使用下さい。)
論文提出先 ○ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会 『添削指導』係
(切手94円貼付の返信用定型封筒を必ず同封してください。)
論文提出受付期間及び
提出にあたっての留意事項

令和3年5月10日(月)~6月23日(水)
※協会到着後、2週間以内に添削して返却いたします。
  (都合により遅れる場合がありますので、ご了承ください。)

※6月9日(水)以降の申し込みの方は、『専門科目論文』を協会宛て、郵送及び下記の問い合わせ先のE-Mailアドレスにて同時にお送りください。

 

論文提出にあたっての留意事項

  • 添削します論文の提出にあたっては、どの問題に対しての論文であるかをわかるように、問題のコピーを添付してください
  • 第2次試験の筆記試験は手書きで行います。提出して頂きます論文も、練習を兼ねて手書きにより作成して頂くことを推奨します
  • 論文の作成にあたって、「受験申込書に記載した専門とする事項」を記述してください
  • 複数の問題に対する論文を添削しますが、できればご自身の専門分野に沿った問題の論文を作成されることを推奨します
申込締切日 令和3年6月23日(水)
申込方法
及び
問い合わせ先
「専門科目 論文」添削指導をご希望の方は、下記の「参加申し込み」のボタンをクリックし、表示されたホームに必要事項を記入等してください。

終了しました。

※お問い合わせは、下記にお願い致します。

『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058 E-Mail: info@toshicon.or.jp

添削指導料

添削指導料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
注 セミナーを受講された方は
、最初の1問の添削指導料を5,000円 お引きします。

1問に対しての添削指導料(2問以上の申込可)
会員・公共団体 8,000円 一  般 10,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
※ お振込みにあたって、通信欄に「センモン」と記載の上、会社名、氏名をご記入ください。

 

④令和3年度 「模擬面接」指導

 面接の独特な雰囲気は誰でも緊張するものです。模擬面接を受けておくことにより本番の緊張感が取れ、平常心で臨めるものと考えられます。

 当協会では、経験豊かな専門技術士による厳しく暖かい面接指導を行いますので、是非お受けになることをお勧め致します。

面接指導方法 ○2人の面接指導者による模擬面接約30分、反省会約30分、合計約60分の面接指導を行います。
○受験申込み時に提出した「業務経歴票(証明書)」のデータなど、受験時に選択した問題、また、できれば試験の回答要約、などをお知らせいただき、これらを十分把握したうえで受験される方にあわせた面接指導を行います。。
面接指導実施日程 令和3年11月15日(月)~11月30日(火)〔土、日、祝日は除く〕のうち1日
(ご希望日時をもとに調整させて頂き、後日面接日時をお知らせ致します。)
業務経歴票(証明書)
及び論文提出
日程・提出先

遅くとも令和3年11月8日(月)までに
E-Mail(アドレス:info@toshicon.or.jp)にお送りください。

申込締切日 令和3年11月5日(金)
※ 申込締切以降でも調整可能であればお受けします。下記の問い合わせ先までご連絡ください。
定   員 25名程度(講師との日程調整の結果、お受けできない場合もあります。)
申込方法

 

受付は終了しました。


※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
模擬面接指導係
TEL:03-3261-6058  E-Mail: info@toshicon.or.jp

面接指導料

クレジット払いは申込時に完了します。

銀行振込も可能ですが、申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
※会員とは以下の4団体の会員企業等です。
 1(一社)都市計画コンサルタント協会
 2(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会
 3(公社)街づくり区画整理協会
 4(公財)区画整理促進機構

会員・公共団体 15,000円 一  般 23,000円

 

講習会・研究会・説明会・勉強会・見学会

 

令和3年度関西地区講習会
≪令和3年 7月30日(金)開催≫

CPD単位 3ポイント
認定番号 22210011

 

 

一般社団法人都市計画コンサルタント協会
一般社団法人建設コンサルタンツ協会 近畿支部

令令和3年度関西地区講習会を、一般社団法人建設コンサルタンツ協会近畿支部と一般社団法人都市計画コンサルタント協会の共催にて開催します。
今年度は、第1部として、国土交通省都市局都市計画課施設計画調整官 新屋 千樹 氏から「都市計画に関する最近の話題」について、お話しいただきます。
第2部では、立命館大学 理工学部 建築都市デザイン学科 准教授 阿部 俊彦 先生から、「港町の景観と防災を両立する復興デザイン 〜気仙沼市内湾地区を事例として〜」についてご報告いただきます。阿部先生は、東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼市において海と街をつなぐ一体型の建築物の計画・設計などにおいて全体の景観デザインの統括を担うなどされました。
いずれもこれからの都市計画業務の実務にとって、有意義かつホットな内容の講習会と思いますので、皆様方多数のご参加をお待ちしています。

※ 新型コロナウイルスの感染状況から、会場での参加を取りやめ、Webセミナーのみとしました。

(詳細PDF)

≪都合によりスケジュール等変更する場合があります。≫

日   時 令和3年7月30日(金) 14:00~17:00
場   所 Webセミナー(Zoom)新型コロナウイルスの感染状況から会場での受講を取りやめました。
受講料
定 員
当協会及び建設コンサルタンツ協会会員
/公共団体
一 般(会員外)

 

定員

3,000円(テキスト(PDF)代含む。)

5,000円(テキスト(PDF)代含む。)

80名
受講料の支払い <銀行振込>
みずほ銀行 町村会館出張所 ちょうそんかいかんしゅっちょうじょ 普通口座 №2371822
シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
※ お振込みの際に、通信欄に「0730」と会社名、氏名をご記入(入力)していただきますよう、お願い申し上げます。


※受講料は7月26日(月)午前中までに必ずご入金下さいますようお願い致します。

<クレジットカード払い>
申込時にクレジットカードによる支払を完了させていただきます。

申 込

終了しました。

申込・締切
問合せ
締め切り:令和3年7月23日(金)
問合せ先:一般社団法人都市計画コンサルタント協会 事務局 安達
TEL: 03-3261-6058 / E-Mail: kyokutyo@toshicon.or.jp 
申込をされた方には、折返し「受付No.」をご案内いたします。

 

プログラム 開会挨拶
14:00~14:05

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

第一部 14:05~15:35

『都市計画に関する最近の話題』

国土交通省 都市局 都市計画課
施設計画調整官 新屋 千樹 氏

第二部 15:45~17:05

『港町の景観と防災を両立する復興デザイン
             〜気仙沼市内湾地区を事例として〜』

立命館大学 理工学部 建築都市デザイン学科
准教授 阿部 俊彦 先生

閉会挨拶
17:05~17:10
一般社団法人都市計画コンサルタント協会
理事 関西地区協議会 世話人代表
㈱安井建築設計事務所大阪事務所都市デザイン部長 山本 勝彦
 
※ Web(Zoom)による参加について

  • Web による参加は、Zoom を利⽤します。Zoom による参加するに必要な環境の整備は参加者でお願
    いいたします。
  • 講習会の資料は、PDF で講習会の数⽇前にメールにてお送りします。
  • Web での参加に必要な ID などは、講習会の数⽇前にメールにてお送りします。
  • 通信環境等により、途中で視聴が出来なくなった⽅のために、後⽇録画をみられるように対応する予定です。
  • Zoomミーティングで参加される際の名前を「会社名」+「氏名」としてください。
  • 講演内容等をカメラ等により録画しないでください。

 

 

令和3年度都市計画実務発表会
≪令和3年 10月22日(金)開催≫(終了しました。)

CPD単位 4ポイント
認定番号 22210017

 

Ⅰ 発表会の開催

1 主旨

一昨年は、都市計画法制定から100年を迎える節目の年となりました。そして、人口減少社会の到来、都市の集約化、ICT等新技術の発達等、我が国を取り巻く社会環境は大きく変化しています。そうした時代の変化に対応し、これからの我が国の都市計画・まちづくりを進めていくにあたり、都市計画の実務を担う都市計画コンサルタントと都市計画を専門とする学識者等が都市計画の実務を通じて意見交換を行うことは、我が国の都市計画を進めていくうえで有益なことであると考えられます。また、実務に関する発表を通じて発表者及び参加者の技術力の向上や学会での論文発表等への発展も期待されます。
 このようなことから、平成26年度より、公益社団法人日本都市計画学会と一般社団法人都市計画コンサルタント協会が共同して都市計画の実務に係る発表会(以下、「実務発表会」)を開催しています。
 今回は、立地適正化計画制度施行から約7年が経過し、また新型コロナウィルス感染拡大による生活様式の転換を迎えた昨今、これからの都市づくり・地域づくり・まちづくりに向けた取り組みなどについての発表・意見交換を行うことを目的とし『新たな生活様式に向けた都市づくり』をテーマとして開催することとしました。
 なお、今年度も新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、Web方式により開催します。

開催要領(PDF)

2 開催日時等

【日時】令和3年10月22日(金) 13:00開始 17:50終了予定
    ※ 終了時刻は、運営上、多少前後する可能性があります。
【開催方式】Webセミナーによるオンライン開催(Zoomシステムを予定)
      ※ 今年度は会場による発表は行いませんのでご注意ください。
      ※ 今年度は懇親会についても中止とします。
【主催】公益社団法人日本都市計画学会、一般社団法人都市計画コンサルタント協会

3 発表会内容

(1)実務発表

テーマ:新たな生活様式に向けた都市づくり

 平成から令和へと時代の変化の中、我が国は既に人口減少局面に突入し、未だ世界のどの国も経験したことのない少子化・超高齢社会を迎え、我が国の都市計画・まちづくりはコンパクト&ネットワーク型都市構造への転換や都市のスポンジ化などに対応するため、交通と一体となった都市づくりや立地適正化計画などの様々な取組みを進めてきました。昨年からの新型コロナウィルス感染拡大は生活様式を大きく変化させ、人々の交通行動を制限し街中回遊の機会を減らすとともに、リモートやオンラインといったデジタル化の流れを加速させました。このような背景を踏まえ、「新たな生活様式に向けた都市づくり」をテーマに、キーワード例に示すような業務分野を発表します。

【実務発表のキーワード例】 ここに示すキーワードはあくまで一例です。

【新たな生活様式に向けた都市づくり】

  • ナイトタイム・エコノミー、グリーンスローモビリティ、ミクストユース、コロナ禍の公共交通のあり方・利用促進、ITS・MaaS(Mobility as a Service)・自動運転等を活用した都市づくり、次世代交通システム、シビックテック、プレイスメイキング など

【新技術を活用した都市づくり】

  • ICT・IoT・AI・5Gを活用した都市づくり、スマートシティー、ビッグデータを活用した都市づくり、データ整備・共有のルールづくり など

【ウォーカブルなまちづくり】

  • 歩きたくなる都市づくり、歩いて暮らせる都市づくり、歩行者や自転車にやさしい都市づくり、歩行者の復権や都市のモビリティ転換、健康・医療・福祉の都市づくり など

【コンパクトな都市づくり】

  • 都市計画マスタープラン、コンパクト&ネットワーク、立地適正化計画、都市計画基礎調査、中心市街地の活性化、都市のスポンジ化対策、都市アセット・インフラの利活用、都市機能・施設の集約化・リノベーション・コンバージョン、団地再生、密集市街地対策、都市農地の活用、特区制度等を活用したまちづくり など

【交通と一体となった新たなまちづくり】

  • 地域公共交通計画、パーソントリップ調査、鉄道と一体となった駅周辺まちづくり、駅前広場再整備、まちづくりと一体となった公共交通の再編、LRTやBRTを活用した都市づくり、地方都市の公共交通の維持・確保、交通結節点とまちづくり、買い物難民対策、フリンジパーキング、都市計画道路の見直し、デマンド交通・互助型輸送サービス など

【地域コミュニティ・官民連携まちづくり】

  • 地域コミュニティによるまちづくり、小さな拠点づくりや中山間地域づくり、官民連携まちづくり、政策連携や異分野との連携、大学や研究組織との連携、シビックプライド、観光まちづくり など

【その他】

  • 低炭素都市づくり、復興・防災まちづくり・事前復興計画、歴史文化の継承・活用、水と緑のまちづくり、交通安全とまちづくり、高齢者の交通安全 など

 

(2)当日の予定     (時間及び発表順などは多少変更となることがあります。)  敬称略

                     全体司会:大沢昌玄(日本大学)
13:15 開  会
13:15-13:20 都市計画コンサルタント協会会長 挨拶
13:20-13:25 開催趣旨・発表会説明
   
第一セッション 発表タイトル 氏  名 所  属
13:25-13:40 富田林市金剛地区の各施設・エリアの再整備のあり方検討~大都市近郊ニュータウンの再生プログラムと推進上の課題~ 世儀敦裕 昭 和㈱
13:40-13:55 祐天寺駅周辺地区の居心地が良く安全で歩きたくなる街に向けた取組 渡辺哲広 玉野総合コンサルタント㈱
13:55-14:10 「官民連携による居心地の良いまちづくりの実践」~静岡市草薙地区での取組紹介~ 中山裕太 昭 和㈱
14:10-14:30

コメンテーターからのコメント・質疑、会場からの質疑・討論

コメンテーター:森朋子(学会:札幌市立大学)、須永 和久(協会:(株)計画技術研究所) 

14:30-14:40 休  憩
第二セッション 発表タイトル 氏  名 所   属
14:40-14:55 地方公共団体へのまちづくり支援について<岡山県赤磐市でのアドバイス業務を事例として> 森脇和弘 ㈱URリンケージ
14:55-15:10 復興まちづくりと持続可能な都市経営の両立
~熊本県益城町における都市計画マスタープラン及び立地適正化計画の策定について~
仲松孝洋 ㈱オオバ
15:10-15:25 公共交通の維持・充実と立地適正化を一体的に図るコンパクト・プラス・ネットワーク~厚木市の都市づくり事例~ 氏原茂将 ㈱国際開発コンサルタンツ
15:25-15:40 多面的な効果に着眼した地域公共交通計画の策定及びメッセージ性に配慮した計画周知 蔵本真 中央コンサルタンツ㈱
15:40-16:00

コメンテーターからのコメント・質疑、会場からの質疑・討論

コメンテーター:小嶋文(学会:埼玉大学)、石川 岳男(協会:(一財)計量計画研究所) 

16:00-16:10 休  憩
第三セッション 発表タイトル 氏  名 所   属
16:10-16:25 群馬県の現状分析業務における都市の現状を可視化する手法について 内田貴之 玉野総合コンサルタント㈱
16:25-16:40 グリーンスローモビリティの持続可能な活用の可能性 天野佑介 復建調査設計㈱
16:40-16:55 COVID-19を未来への変革の機会へ~データドリブンによる人間中心の都市づくりの提言~ 植村真雄 ㈱建設技術研究所
16:55-17:10 建築・都市計画・防災行政DXの実現に向けた基盤データ整備及び共有 沼川滋彦 ㈱パスコ九州
17:10-17:30

コメンテーターからのコメント・質疑、会場からの質疑・討論

コメンテーター:関本義秀(学会:東京大学)、紙田 和代(協会:ランドブレイン(株)) 

17:35-18:45 表彰式
17:45-17:50 日本都市計画学会会長 挨拶
18:00 閉 会

 

4 参加定員

    100名程度を予定

5 参加費

   【実務発表者・聴講者共通】
    協会会員会社の職員     1,000円
    学会員           1,000円
    学生            1,000円
    地方自治体関係者      1,000円
    上記以外の方        1,000円 

    (共同発表者についても参加費は必要です。)

6 申込方法

【実務発表者】

  • お申込みは、別添「都市計画 実務発表会 発表者募集要項」をご覧の上、お申込ください。

【実務発表聴講参加されたい方】

  • 参加資格要件はありません。どなたでも参加できます。
  • お申込は、協会ホームページ(http://www.toshicon.or.jp/)よりお申込ください。
  • お申込み時に定員となっており、受付できない場合がありますので、予めご了承ください。
  • お申込いただいた方には自動的に受付完了に関しての電子メールをお出ししています。
    電子メールが届かない場合は「10.申込先・問合せ先」までお電話でお問合せください。
  • 参加費は「8.申込・払込締切日」までに、「9.振込先」にお振込みください。参加費は、お振込のみの扱いとさせていただきますので、ご了承ください。お振込の際は、「1022」所属団体名(会社名、学校名等)及び氏名をご記入(入力)ください。
  • なお、お振込をもって、領収書とさせていただきます。
  • 参加費は、原則、事前振込みをお願いします。ご都合の悪い方はお問い合わせください。

【その他】

  • ・実務発表された業務は、認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの認定申請書の実務実績の特記事項に記入することができます。
  • また、発表された方には、認定更新にあたって求められるCPDとして10単位(表彰を受けた場合は20単位)を得たものとみなされます。
終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

 

7 申込締切日

  実務発表者   令和3年8月13日(金)
  実務発表者以外 令和3年10月15日(金)
  ※ 締切日が過ぎましても、人数に余裕がある場合は受付けいたします。
    ご希望の方は「9 申込先・問合せ先」までお問合せ下さい。

8 振込先

  サイトからはクレジットカード払いも可能ですが、銀行振込の場合は以下の口座に10月15日(金)までにお振込みをお願いします。
    みずほ銀行 町(ちょう)村(そん)会館(かいかん)出張所(しゅっちょうじょ) 普通口座 №2371822
    シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
  ※ お振込みの際に、通信欄に「1022」と会社名(所属)と氏名をご記入(入力)ください。

9 問合せ先

  一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:安達、田村
   〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
   TEL:03-3261-6058 FAX:03-3261-5082
   E-Mail :info@toshicon.or.jp

10 その他
  • お申込み頂いた個人情報は、当発表会の業務に使用させて頂く以外に、他の目的には使用いたしません。
  • ご入金期限に間に合わない方は、問合せ先にご相談ください。

 

Ⅱ 発表者募集 (募集は終了しました。)

 
1 主旨  
 一昨年は、都市計画法制定から100年を迎える節目の年となりました。そして、人口減少社会の到来、都市の集約化、ICT等新技術の発達等、我が国を取り巻く社会環境は大きく変化しています。そうした時代の変化に対応し、これからの我が国の都市計画・まちづくりを進めていくにあたり、都市計画の実務を担う都市計画コンサルタントと都市計画を専門とする学識者等が都市計画の実務を通じて意見交換を行うことは、我が国の都市計画を進めていくうえで有益なことであると考えられます。また、実務に関する発表を通じて発表者及び参加者の技術力の向上や学会での論文発表等への発展も期待されます。
 このようなことから、平成26年度より、公益社団法人日本都市計画学会と一般社団法人都市計画コンサルタント協会が共同して都市計画の実務に係る発表会(以下、「実務発表会」)を開催しています。
 今回は、立地適正化計画制度施行から約7年が経過し、また新型コロナウィルス感染拡大による生活様式の転換を迎えた昨今、これからの都市づくり・地域づくり・まちづくりに向けた取り組みなどについての発表・意見交換を行うことを目的とし『新たな生活様式に向けた都市づくり』をテーマとして開催することとしました。
 以上より、都市計画コンサルタント協会の会員企業及び日本都市計画学会の正会員からの実務に関する発表を募集します。

※ 応募用紙は、「5.応募方法」からダウンロードしてください。

※ 令和3年度 都市計画実務発表会 発表者募集要項(PDF)

 
2 開催概要  

令和3年度 都市計画実務発表会 開催概要

令和3年度 都市計画実務発表会 開催概要

【テーマ】新たな生活様式に向けた都市づくり
【日時】令和3年10月22日(金) 13:30開始 17:00終了予定

【開催方式】Web方式によるオンライン開催(ZOOMシステムを予定)
 ※ 今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、会場による発表は行いませんのでご注意ください。
 ※ 今年度は懇親会についても中止とします。

【主催】公益社団法人日本都市計画学会、一般社団法人都市計画コンサルタント協会

 

 
3 募集する実務発表のテーマ  

 実務発表会で募集する発表のテーマは、以下のとおりとします。

テーマ:新たな生活様式に向けた都市づくり

 平成から令和へと時代の変化の中、我が国は既に人口減少局面に突入し、未だ世界のどの国も経験したことのない少子化・超高齢社会を迎え、我が国の都市計画・まちづくりはコンパクト&ネットワーク型都市構造への転換や都市のスポンジ化などに対応するため、交通と一体となった都市づくりや立地適正化計画などの様々な取組みを進めてきました。昨年からの新型コロナウィルス感染拡大は生活様式を大きく変化させ、人々の交通行動を制限し街中回遊の機会を減らすとともに、リモートやオンラインといったデジタル化の流れを加速させました。このような背景を踏まえ、「新たな生活様式に向けた都市づくり」をテーマに、キーワード例に示すような業務分野の発表を募集します。

実務発表のキーワード例】 ここに示すキーワードはあくまで一例です。

【新たな生活様式に向けた都市づくり】

  • ナイトタイム・エコノミー、グリーンスローモビリティ、ミクストユース、コロナ禍の公共交通のあり方・利用促進、ITS・MaaS(Mobility as a Service)・自動運転等を活用した都市づくり、次世代交通システム、シビックテック、プレイスメイキング など

【新技術を活用した都市づくり】

  • ICT・IoT・AI・5Gを活用した都市づくり、スマートシティー、ビッグデータを活用した都市づくり、データ整備・共有のルールづくり など

【ウォーカブルなまちづくり】

  • 歩きたくなる都市づくり、歩いて暮らせる都市づくり、歩行者や自転車にやさしい都市づくり、歩行者の復権や都市のモビリティ転換、健康・医療・福祉の都市づくり など

【コンパクトな都市づくり】

  • 都市計画マスタープラン、コンパクト&ネットワーク、立地適正化計画、都市計画基礎調査、中心市街地の活性化、都市のスポンジ化対策、都市アセット・インフラの利活用、都市機能・施設の集約化・リノベーション・コンバージョン、団地再生、密集市街地対策、都市農地の活用、特区制度等を活用したまちづくり など

【交通と一体となった新たなまちづくり】

  • 地域公共交通計画、パーソントリップ調査、鉄道と一体となった駅周辺まちづくり、駅前広場再整備、まちづくりと一体となった公共交通の再編、LRTやBRTを活用した都市づくり、地方都市の公共交通の維持・確保、交通結節点とまちづくり、買い物難民対策、フリンジパーキング、都市計画道路の見直し、デマンド交通・互助型輸送サービス など

【地域コミュニティ・官民連携まちづくり】

  • 地域コミュニティによるまちづくり、小さな拠点づくりや中山間地域づくり、官民連携まちづくり、政策連携や異分野との連携、大学や研究組織との連携、シビックプライド、観光まちづくり など

【その他】

  • 低炭素都市づくり、復興・防災まちづくり・事前復興計画、歴史文化の継承・活用、水と緑のまちづくり、交通安全とまちづくり、高齢者の交通安全 など

 また、単なる実務報告に留まらず、その後の対象地や事業等の状況報告や、実務を通じて「これからの都市(都市活動)はどのように変化し、それに対して都市づくりはどうあるべきか」、「新時代に向けた都市づくりはどのように進めるべきか」、「そのために異なる分野とどのように連携すべきか」などに関する提案や問題提起などについて発表のなかで触れていただくことを期待します

 
4 応募資格  
 実務発表への応募資格は、以下のいずれかに該当する方とします。
①代表発表者が、一般社団法人都市計画コンサルタント協会の正会員、準会員、賛助会員の法人・団体に所属する方、または個人準会員の方であること。
②または、代表発表者が、公益社団法人日本都市計画学会の正会員であること。
注1):②は実務者による実務報告に限ります。例えば、大学の研究室による現場報告等については、学会の他の発表機会をご利用ください。
注2):共同発表の場合、当日に発表頂く方は代表発表者のみ(原則1名)とします。

 
5 応募方法  
  • 実務発表会に発表者として応募していただく方は、別添の「令和3年度 都市計画実務発表会 応募用紙」(以下、「応募用紙」)に必要事項を記入のうえ、下記のアドレス宛のメールに「応募用紙」を添付してお送りください。
応募用紙送付先(都市計画コンサルタント協会事務局宛て):kyokutyo@toshicon.or.jp
  • メールの件名は「都市計画実務発表会応募」としてください。
  • 「応募用紙」はwordまたはPDFにより作成しメールに添付してください。
  • 応募期限は、令和3年8月13日(金)とします。
  • 応募いただいた方には、事務局よりメールにて受領した旨を返信します。返信の無い場合は、お手数ですが「12 お問い合わせ先(事務局)」に記載した電話番号までお問い合わせください。

令和3年度都市計画実務発表会応募用紙

 

 
6 発表方法  
  • 応募用紙をお送りいただいた方には、後日事務局から実務発表原稿の作成を依頼させていただきます(詳細は別途ご案内します)。
  • 実務発表原稿の分量はA4用紙で4枚以内とします(図表を含みます)。
  • 実務発表会では、実務発表原稿をもとに1件あたり15分間(予定)で発表をしていただきます。
  • 今年度はWeb方式による開催とします。口頭発表はパワーポイントによる発表といたします。発表者の方は、パワーポイント用データを作成し、令和3年10月15日(金)までに事務局に送付をお願いします。
  • 発表会では、数名ずつ発表していただいた後に有識者(学識者、協会関係者等)からのコメントや参加者との意見交換、質疑応答を行うことを予定しています。
 
7 発表参加費  
 発表1件あたり1,000円の発表会への参加費を負担していただきます。応募された方には後日、原稿の作成依頼と合わせて参加費等についてもご案内します。

 
8 注意事項  

応募される方は、以下の注意事項をご確認ください。

  • 実務発表原稿は、実務発表報告集として発表会参加者に配布するほか、発表会後に一般社団法人都市計画コンサルタント協会のホームページに掲載します。
  • 実務発表原稿の締切日までに、発表に係る業務の発注者から発表内容を含めて発表することについて了解を得てください。実務発表会においては、発表内容を含めて発表することは当該業務の発注者の了解が得られているものとして扱います。
  • 発表者ご自身が既に学術論文や他の発表会、シンポジウム、講習会等で公表した内容の一部が含まれていても可とします。
  • 発表内容に公序良俗に反するような記載がある場合は、修正等をお願いすることがあります。
9 応募から発表の流れ

応募の開始から実務発表会当日までの流れは以下のとおりです。

 

 
 

 

   
   
10 表彰  
 投稿していただいた原稿は、有識者等で構成される選考委員会にて選考を行い、優れた内容については表彰を行います。  
11 認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの認定申請等にあたって  
 実務発表された業務は、認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの認定申請書の実務実績の特記事項に記入することができます。
 また、発表された方は、認定の更新にあたって求められるCPDとして10単位(表彰された場合は20単位)を得たものとみなされます。
 
12 お問い合わせ先(事務局)  

 実務発表会への応募に関するお問い合わせは下記までお願いします。

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人 都市計画コンサルタント協会 事務局(担当:安達)
TEL 03-3261-6058  FAX 03-3261-5082
E-mail:kyokutyo@toshicon.or.jp

 

 

『ファシリテーター養成講座』のご案内(終了しました。)
≪令和3年11月1日(月) 開催≫

CPD単位 5.5
認定番号 22210019

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

 都市計画やまちづくりの現場では、市民の皆さんの理解と協働等が重要な要素となっています。これらの場面において、私たち都市計画に携わるものはますますファシリテーターの役割を果たすことが求められてきています。
 このため、当協会ではファシリテーターとしての能力の向上を図るための講座を今年も開催することといたしました。これまでも都市計画コンサルタントに勤務されている方のほか、地方公共団体の方など多くの方が受講されています。
講座では特に、広い視野を持つとともに実践的にコミュニケーション技術を深めることが重要であると考え、講師として、行政と住民の間で様々なイベントや講座の企画や講師をつとめ、また有能なコミュニティ活動・地域おこしのリーダーであり、ご自身がファシリテーターでもある手塚佳代子さんと広石拓司さんに、講義だけでなく受講者自らが体験していただける実践的な講座をお願い致しました。
 今後のコンサルタント業務において重要なスキルであり、有意義な講習会であると考えます。ご参加をお待ちしております。
 なお、本講座は対面で行うものを含みますので、新型コロナウィルス感染状況によっては、開催を中止することがありますことを、ご承知おきください。

ご案内(PDF)

≪時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承ください。≫
日   時 令和3年11月1日(月) 10:00~16:30  (受付開始 9:40~)
場   所 日本教育会館 7階 中会議室  東京都千代田区一ツ橋2-6-2
スケジュール
及び
講師(内容)
10:0010:10 開 会(主旨説明)
(一社)都市計画コンサルタント協会 前事業委員   大村  敏
10:1011:10 『ファシリテーターの役割』

㈱エムパブリック 代表取締役 広石 拓司 氏
11:1012:00 『ファシリテーションの手法』

NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー(TFF)
理事長 手塚 佳代子 氏
13:0014:30 『まちづくりとワールドカフェ』

NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー(TFF)
理事長 手塚 佳代子 氏
㈱エムパブリック 代表取締役 広石 拓司 氏
14:4016:20 『ファシリテーションの実技』

㈱エムパブリック 代表取締役 広石 拓司 氏
NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー(TFF)
理事長 手塚 佳代子 氏
16:2016:30 閉 会

(一社)都市計画コンサルタント協会 

※12:00~13:00の間は食事時間になっておりますので、各自おとりください。

開催にあたっての注意事項

  • 新型コロナウイルス感染予防のため、当日の体温が37.5℃以上の方、体調に異常のある方の受講をお断りします。
  • 新型コロナウイルス感染予防のため、受講中のマスク着用をお願いします。また、受講者にはフェイスシールドを配布しますので、受講中の着用をお願いします。
  • 会場に入室される際には、入り口に備え付けてある消毒薬で手指の消毒をお願いします。
  • 感染防止のために会場の窓などを開けます。服装にご注意ください。

申込締切日

令和3年 10月25日(月)

 →10月28日(木)まで延長しました。

定 員 36名
お申込

終了しました。

受講料 受講料は、お振込あるいは申込時のクレジットカードによる支払のみとさせていただきます。あらかじめご了承ください。
会員及び公共団体  9,000円(テキスト代含む) 一般 13,000円(テキスト代含む)
支払

<銀行振込>
10月25日(月)までにお振込みを頂きますよう、お願いいたします。振込手数料はご負担ください。(これを過ぎてのお申込みは10月28日午前中まで

<クレジットカード払い>
申込に続いて支払を完了できます。
なお、新型コロナウイルスの感染状況から開催を中止、あるいは開催時期の変更により参加できなくなった場合には受講料の支払いは発生しません。

問い合せ先 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18-3F

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
  事務局 担当:安達・田村

TEL:03-3261-6058/FAX:186-03-3261-5082/E-Mail:info@toshicon.or.jp

 

会場位置図

 

 

 

第5回認定都市プランナー情報交流会
≪令和3年9月17日開催≫

 

CPD単位

2.5

認定番号 22210021

 

(一社)都市計画コンサルタント協会では、認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの方々に、「情報交流会」を企画開催し、認定都市プランナー間の交流促進や都市プランナーに関わる新たな情報提供を実施しております。

 今年度の第5回は、認定都市プランナーの皆さんからご講演の要望の強い、東京大学名誉教授伊藤滋先生をお招きして特別講演をしていただきます。また、近年の気候変動による災害の激甚化、頻発化に対応するため、本年3月に公表されました国土交通省の「流域治水プロジェクト」における検討委員会のメンバーでいらっしゃった河川防災の専門家であります、東京大学教授の加藤孝明先生にご講演をいただきます。さらに、国土交通省都市局でご担当されておられる方から「市街地開発事業等における無電柱化」に関する最近の取り組みについてのご説明を伺います。

 また、この機会に認定都市プランナーの運営状況について認定都市プランナー制度運営委員長からご説明します。

 なお、コロナウイルス感染予防に万全を期するため、Webセミナー形式で会場外からご参加いただけるようにいたします。

(注:下記の「Web(Zoom)セミナーへの参加について」を参照して下さい)。

 今回は認定都市プランナー、認定准都市プランナーを主な対象としていますが、これから目指そうという方も受け入れますので、ご参加ください。

 新型コロナウイルスの感染状況から会場開催を取りやめました。

※ 第5回認定都市プランナー情報交流会の案内

 ※都合により、終了時間が30分延長となり、17時までとなりました。

日  時 令和3年9月17日(金) 14:00~16:30  
場  所

Webセミナー(Zoom)

新型コロナウイルスの感染状況から会場開催を取りやめました。

スケジュール

開  会
挨  拶

14:00~14:05 (一社)都市計画コンサルタント協会

講演
「市街地開発事業等における無電柱化の推進について」

14:05~14:40

国土交通省都市局都市計画課   開発企画調整官 司馬 勇彦 氏

特別講演
「東京の都市計画について」

14:40~15:40 東京大学名誉教授       
伊藤 滋 先生
    休 憩  

講演
「気候変動をふまえた水害に備えるまちづくり(仮題)」

15:50~16:50

東京大学生産技術研究所教授  
東京大学社会科学研究所特任教授
  加藤孝明 先生

認定都市プランナーの運営状況について

16:50~17:00 (一社)都市計画コンサルタント協会
認定都市プランナー制度運営委員会
佐伯 委員長
閉  会 17:00 (一社)都市計画コンサルタント協会
定 員 100名程度
申込
締切日

令和3年9月8日(水)

(これを過ぎましても、 9月14日(火)まで 人数に余裕がある場合は、受け付け致します。)

申込方法

新型コロナウィルス感染状況を踏まえて会場参加は中止とさせていただきます。
 
 
終了しました。
 
 

参加費

会場参加の場合の参加費:2,000円
(参加費は当日会場にて徴収します。
釣銭が無いようにご用意ください。)
Webセミナーへの参加費:1,000円
(銀行振込の場合の送金手数料はご負担ください。)

問い合わせ先

お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会 安達・田村』
TEL:03-3261-6058   E-Mail: info@toshicon.or.jp

(注)Web(Zoom)セミナーへの参加について

  • Webによる参加は、Zoomを利用します。Zoomの参加に必要な環境の整備は参加者でお願いいたします。
  • 講習会の資料は、PDFで講習会の数日前にメールにてお送りします。
  • Webでの参加に必要なIDなどは、講習会の数日前にメールにてお送りします。
  • 通信環境等により、途中で視聴が出来なくなった方のために、後日録画をみられるように対応する予定です。
  • セミナーでの講演内容等をカメラ等により録画しないでください。

 

 

 

『都市計画の実務に関する若手・中堅のための研修講座』のご案内

 

新型コロナウィルスの感染拡大への対応に象徴されるように、社会状況が急速に変化する中で、会員企業が携わる都市計画業務も多様化・複雑化しています。変化する都市計画の実務に的確に対応していくためには、個人が専門分野を深く追求するとともに、都市計画に関わる広い知見を有することが必要となってきています。
そのため、昨年度より、当協会では主に会員企業社員の若手・中堅を対象に、都市計画の実務に携わる上で必要な幅広い見識を得るため、都市計画に関連する分野における第一人者による講座を立ち上げております。
 

各回の「都市計画の実務に関する若手・中堅のための研修講座」は次のように開催いたします。

各回開催時間:18:00~20:00(予定)
開  催  場  所  :Webセミナー(Zoomウェビナー)
申  込  締  切  :原則として各開催日の7日前までにお願いいたします。
※ 当日午前中までに、Zoomウェビナー情報、資料(PDF)をお送りします。


都市計画の実務に関する若手・中堅のための研修講座を次のように予定しておりますので皆様の参加をお待ちしております。
(都合により、テーマ及び講師の方が変更になる場合がありますので、ご了承ください。)
※お申込いただいた方には自動的にメールが送信されます。メールが届かない場合には、お手数ですがお電話にてお問合せ下さい。TEL:03-3261-6058

開催年月日 テーマ 都市計画CPD
(ポイント
及び
認定番号)
お申込み
(ボタンをクリック)
第1回

R03.
11.12(金)

テーマ:地方自治体におけるバス交通の運営と地域公共交通計画作成における実務者の役割

立命館大学衣笠総合研究機構アート・リサーチセンター 客員協力研究員 公共交通アドバイザー

井上 学 さん
(研修講座のご案内(第一回) PDF)

受講のキャンセルは、11月5日(金)まで受け付けます。それ以後は、受講されなくても参加費をいただきます。

2ポイント

終了しました。

22210029

 

 

令和3年度見学会 「東京駅周辺の街づくり」
≪令和3年 11月25日(木)開催≫

CPD単位 4ポイント
認定番号 22210031

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

 

 令和2年度の現地見学会は、新型コロナウイルス感染予防の観点から中止しましたが、感染状況も改善し、緊急事態宣言も解除されたことから、感染防止に留意しながら現地見学会を開催します。
 今年度は、東京駅周辺での街づくりとして、2つの街づくりについて見学します。
最初は、UR都市再生機構が街づくりの支援を行っています日本橋横山町・馬喰町問屋街地区(東京都中央区)の都市再生について説明を聞きます。
 この地区は、繊維問屋街として江戸時代から栄えていましたが、繊維卸売の店舗が減少し、多くの建物が老朽化して集合住宅やホテルへの建替えが進行し、当地区における伝統的な商いが喪失する懸念がありました。
UR都市機構は、この地区において、伝統的な商業を尊重しつつ、潜在的な価値の発掘、エリア価値向上、自律的なまちの更新につながる街づくりを進めるため、地域の関係者等と連携し、既存の建物の利活用なども含めた「再開発をしない都市再生」を目指した取り組みを、街づくり会社と一体となって推進しているところで、取組内容などについて説明をしていただきます。
(https://www.ur-net.go.jp/aboutus/publication/web-urpress66/town_saizensen.html、
https://toyokeizai.net/articles/-/440529)
 次に東京駅丸の内駅前広場において、当協会の賛助会員のヨシモトポールが作成されました照明柱/横断柵/ボラードなどを見学します。
 東京駅丸の内駅前広場は接続する行幸通りと一体的に首都東京の「顔」にふさわしいシンボル性と東京駅周辺地区を一体的に捉えた質の高いデザインの実現に向けて、官民が連携して整備が進められ、2017年12月駅前広場の供用が開始されました。また、この地区の整備は、2020年度土木学会デザイン賞を受賞しています。(http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result/1406)
 この地区の質の高いデザインを実現するために、道路に付属する照明柱などもデザインに十分配慮されており、これについて制作されましたヨシモトポールから説明を受けます。
 今回の現地見学会はこれまでのような大きなプロジェクトのようなものではありませんが、これからの都市再生を進めていくうえでは重要なものと思います。
 皆様のご参加をお待ちしています。

 なお、見学会に合わせて開催していました東西交流会は、感染予防から中止させていただきます。

ご案内(PDF)

≪時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承ください。≫
日  時 和3年11月25日(木) 見学会 13時~17時00分(予定)
申込締切 令和3年11月23日(火)まで
定  員 20名(定員になり次第申込の受付を終了いたしますのでご了承下さい。)
参加費用 見学会:1,000円(当日徴収いたします。また、現地までの交通費は自己負担です。
集合場所 集合時間 12時45分 八重洲ファーストフィナンシャルビル(東京都中央区八重洲1-3-7) 1階ロビー(詳細は後日お知らせします)
行程(予定) 12時45分      八重洲ファーストフィナンシャルビル 1階ロビーに集合
13時から14時30分   日本橋横山町・馬喰町問屋街地区の事業概要説明(会場:UR都市再生機構会議室)

14時30分から15時 次の見学場所へ移動

15時から17時      東京駅丸の内駅前広場周辺の照明柱等の説明、視察
17時ごろ 東京駅周辺で解散

解散場所 東京駅周辺
申込方法
終了しました。
問合せ先 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村TEL: 03-3261-6058  E-Mail: senmu@toshicon.or.jp