講習会・セミナー 2019年度

 

都市懇サロン 都市計画実務者講習会 技術士セミナー 講習会・研究会・説明会・勉強会・見学会

都市懇サロン

平成7年10月より、各分野で御活躍なされている方をお招きしてお話をして頂き、勉強の場かつ交流の場として、会員に限らず一般の方及び学生の皆様が気軽に参加できる「都市懇サロン」を開催しております。また、夫々の継続教育にもご活用下さい。(受講証明を希望の方は、申込入力の通信欄に忘れずにご記入ください)
都市計画 CPD 会員の方、申請中( 予定も含む )は参加申込の折、該当項目欄にご記入下さい。

 
各回共通 開催時間:18:00~20:00
開催場所:当協会会議室
定  員:25名
申込締切:各開催日の前日までにお願いいたします。

都市懇サロン 開催案内(毎年、1月及び8月は、開催致しません。)


都市懇サロンを次のように予定しておりますので皆様の参加をお待ちしております。
(都合により、テーマ及び講師の方が変更になる場合がありますので、ご了承ください。)
※お申込いただいた方には自動的にメールが送信されます。メールが届かない場合には、お手数ですがお電話にてお問合せ下さい。TEL:03-3261-6058

開催年月日
(回数)

※最新の開催が上段に掲載されますのでご確認ください。

テーマ
お話して頂く内容は、各開催の(詳細PDF)
をご確認ください。
都市計画CPD
(ポイント
及び
認定番号)
お申込み
(ボタンをクリック)
レポート
237回 R01.
12.10(火)
『人口減少時代の都市計画』 (詳細PDF)

首都大学東京 都市環境科学研究科 都市政策科学域
 教授 饗庭 伸 先生

2ポイント

準備中
22190040
236回 R01.
11.06(水)

『令和元年度 都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

  • 観光地における利用者視点を加えた施設評価指標の構築と異業種協働による施設整備計画の検討について
    (株)日本設計 中山 佳子 さん
  • 生駒市における空き家流通促進プラットホームの検討
    (株)地域計画建築研究所 坂井 信行 さん
  • 都市部における「空き家予備軍」の特性把握
    ~東京都調布市の空き家等対策の取組事例~
    (株) パスコ 大山 哲也 さん

※ 協働:(株)日本設計 中山佳子、(株)博報堂 深谷信介

2ポイント
終了

PDF

22190038
235回 R01.
10.8(火)
『ウォーカブルなまちづくり ~居心地の良い歩きたくなる街路づくりに向けて~』 (詳細PDF)

国土交通省都市局街路交通施設課 街路交通施設安全対策官 奥田 謁夫  さん

2ポイント

終了
PDF
22190033
234回 R01.
9.10(火)

『都市公園法の公募設置管理制度(Park-PFI)とその推進支援ネットワーク(PPnet)等について』(詳細PDF)
(一社)日本公園緑地協会 常務理事 兼公園緑地研究所 副所長 橘 俊光 さん

2ポイント

終了

PDF

22190025
233回 R01.
7.9(火)
『東京駅の変遷  ~平成の変化と発展~』 (詳細PDF)

 JR東日本コンサルタンツ(株) 常務取締役 山口 保幸 さん

2ポイント

終了 PDF
22190015
232回 R01.
6.18(火)

『地域のモビリティ確保の知恵袋~「人の集まり」と「人の流れ」の分析に基づいた交通拠点とネットワークに関する検討』(詳細PDF)
国土交通省 総合政策局 総務課(総合交通体系) 専門調査官 森山 崇 さん

2ポイント

終了 PDF
22190010
231回 R01.
5.14(火)
『(仮)まちづくりの最近の話題』2019年度国土交通省都市局予算概要など (詳細PDF)

 国土交通省都市局都市計画課 施設計画調整官 筒井 祐治 さん

2ポイント

終了 PDF
22190007
230回 H31.
4.16(火)
『平成30年度 都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

・農山村地域における安全安心な生活空間の確保、持続可能な集落形態への再編のあり方
 ~丹波豪雨災害を契機とした住民主体の山裾余裕域及び土地利用計画の検討から~
(株)ウエスコ 井原 友建 さん
・既成市街地全域が津波浸水想定区域の地方都市における立地適正化計画策定に係る検討(高知県須崎市)
(株)URリンケージ 板橋 正明 さん
・人口減少下の活力を高める都市づくり
 ~磐田市における立適・都市マス・調整区域の地区計画方針の一体的策定事例~
昭和(株) 雨宮 知宏 さん

2ポイント

終了

PDF

22190006
229回 H31.
3.12(火)
『都市計画のミライを考える』デジタル・トランスフォーメーションとフィンテックを中心に近未来のまちづくりを考える (詳細PDF)

 ノースアジア大学 特任教授 野口 秀行 さん

2ポイント

終了

PDF

22190001
228回 H31.
2.12(火)
『都市計画のミライを考える』貸借円滑化法と都市農地活用の新たな局面 (詳細PDF)

 一般財団法人都市農地活用支援センター
    常務理事 佐藤 啓二 さん

2ポイント

終了 PDF
22180032
227回 H30.
12.11(火)
『都市計画のミライを考える』合意形成活動等の将来展望 (詳細PDF

 株式会社三菱総合研究所 地域創生事業本部
  地域づくり戦略グループ 主席研究員 矢嶋 宏光 さん

2ポイント

終了 PDF
22180031
226回 H30.
11.13(火)
『都市の本当の魅力の測り方』(詳細PDF)

 株式会社LIFULL LIFULL HOME’S総研
  所長 島原 万丈 さん
2ポイント 終了 PDF
22180028
225回 H30.
10.9(火)
『民間都市プランナーから見る国の都市計画、地方自治体の都市計画』(詳細PDF)

野口都市研究所 代表取締役 野口 和雄 さん
2ポイント 終了 PDF
22180026
224回 H30.
9.13(木)
『線引き制度の行方~制度発足から50年を振り返って~』(詳細PDF)

C-まち計画室 代表 柳沢 厚 さん
2ポイント 終了 PDF
22180025
223回 H30.
7.10(火)
『復興まちづくりのための事前準備ガイドラインと地方公共団体での取組みの推進について』(詳細PDF)

国土交通省都市局 荒井 知己さん
2ポイント 終了 PDF
22180022
222回 H30.
6.12(火)
『今すぐ使えるi-都市再生~都市構造可視化を活用したまちづくり~』(詳細PDF)

国土交通省都市局 赤星 健太郎さん

2ポイント

終了 PDF
22180021
221回 H30.
5.18(金)
『まちづくりの最近の話題』(詳細PDF)

国土交通省都市局 鹿子木 靖さん
2ポイント 終了 PDF
22180005
220回 H30.
4.10(火)
『地権者主体のNPO法人による官民施設の一体管理・運営』(詳細PDF)

㈱シグマ開発計画研究所 原 拓也さん

2ポイント

終了 PDF
22180004
219回 H30.
3.13(火)
『MINTO機構によるまちづくり支援について』(詳細PDF)

一般財団法人民間都市開発推進機構 企画部企画課長 兼中心市街地活性化支援室
今泉浩一 さん
2ポイント 終了 PDF
22180003
218回 H30.
2.9(金)
『共同建替えを柱にすえた密集市街地の再生事業~射水市放生津地区での取り組み~』(詳細PDF)

㈱まちづくり研究所 丸山 豊さん
2ポイント 終了 PDF
22180001
217回 H29.
12.5(火)
『プレイスメイキングによる都市空間形成~賑わいや居心地良い空間づくり~』(詳細PDF)

筑波大学 准教授 渡 和由 先生
2ポイント 終了 PDF
22170026
216回 H29.
11.14(火)
『H29都市計画実務発表会受賞業務について』(詳細PDF)

㈱国際開発コンサルタンツ 松下佳広さん
玉野総合コンサルタント㈱高柳澄人さん
2ポイント 終了 PDF
22170024
215回 H29.
10.26(木)
『歴史的遺産を活かしたまちづくりについて』(詳細PDF)

㈱都市環境研究所
代表取締役所長 小出和郎さん
2ポイント 終了 PDF
22170023
214回 H29.
9.26(火)
『都市緑地法等の一部を改正する法律の概要について』(詳細PDF)

国土交通省都市局公園緑地・景観課
緑地環境室長 古澤達也さん
2ポイント 終了 PDF
22170016
213回 H29.
7.11(火)
『多摩ニュータウンにおける団地再生』(詳細PDF)

法人多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
理事長 戸辺文博さん
2ポイント 終了 PDF
22170007
212回 H29.
6.20(火)
『コミュニティデザイン:担い手の育成支援のポイントとは』(詳細PDF)

㈱計画技術研究所
代表取締役 佐谷和江さん
2ポイント 終了 PDF
22170013
211回 H29.
5.16(火)
『平成29年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)

国土交通省都市局まちづくり推進課
官民連携推進室長 中村健一さん
2ポイント 終了 PDF
22170005
210回 H29.
4.18(火)
『まちの価値を高めるための新たな公共空間利活用方策の試み』(詳細PDF)

㈱日建設計総合研究所
主任研究員 西尾京介さん
2ポイント 終了 PDF
22170002
209回 H29.
3.7(火)
『~エネルギー(電力・熱)活用の応用~コージェネレーションが実現する強く活力のあるまちづくり』(詳細PDF)

コージェネ財団普及促進部
担当部長 古後康之さん
2ポイント 終了 PDF
22170001
208回 H29.
02.14(火)
『雨と緑を活用したグリーンインフラ』(詳細PDF)

東邦レオ㈱ 緑化関連事業部
部長 日置大輔さん
2ポイント 終了 PDF
22160048
207回 H28.
12.15(木)
『津波被害からの復興まちづくりガイダンスについて』(詳細PDF)

国土交通省都市局都市安全課
都市防災対策企画室長 鈴木徹さん
2ポイント 終了 PDF
22160047
206回 H28.
11.08(火)
『密集市街地におけるまちづくりの可能性』(詳細PDF)

㈱双葉 常務取締役
舟山光雄さん
2ポイント 終了 PDF
22160043
205回 H28.
10.11(火)
『沿道整備街路事業を活用した面的市街地整備の事例紹介』(詳細PDF)

東日本総合計画㈱ まちづくり本部長
米山芳広 さん
2ポイント 終了 PDF
22160041
204回 H28.
09.20(火)
『飯田橋駅周辺でのまちづくりへの取組について』(詳細PDF)

㈱山下設計 都市計画部長
藁谷功 さん
2ポイント 終了 PDF
22160040
203回 H28.
07.26(火)
『近代ニュータウンの系譜』(詳細PDF)

元(一社)都市計画コンサルタント協会
会長 佐藤 健正 さん
2ポイント 終了 PDF
22160036
202回 H28.
06.28(火)
『立体換地制度の新たな展開について』(詳細PDF)

国土交通省都市局市街地整備課
拠点整備事業推進官 筒井 祐治 さん
2ポイント 終了 PDF
22160034
201回 H28.
05.24(火)
『住民参画によるまちづくりの実践~つくばにおけるまち育て事業モデル~』(詳細PDF)

一財)つくば都市交通センター
理事長 伊藤 節治 さん
2ポイント 終了 PDF
22160032
200回 H28.
04.19(火)
『平成28年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)

国土交通省 都市局 まちづくり推進課
官民連携推進室長 中村 健一 さん
2ポイント 終了 PDF
22160004
199回 H28.
03.15(火)
『住まい・暮らし発―市民社会の担い手育ち~コレクティブハウスの15年~』(詳細PDF)

NPO法人コレクティブハウジング社
理事 狩野 三枝 さん
2ポイント 終了 PDF
22160002
198回 H28.
02.23(火)
『鉄道沿線のまちづくりについて』(詳細PDF)

国土交通省 都市局 街路交通施設課 街路交通施設企画室
企画専門官 酒井 了 さん
2ポイント 終了 PDF
22160001
197回 H27.
12.17(木)
『地域包括ケアと柏市のまちづくり』(詳細PDF)

柏市都市部都市計画課
統括リーダー  梅澤 貴義 さん
2ポイント 終了 PDF
22150021
196回 H27.
11.24(火)
『市民参加型防災まちづくりの合意形成』(詳細PDF)

鶴見 英次 さん( ㈱都市交流プランニング)、林 将廣 さん(㈱アイ・エス・エ ス創研)、松下 佳広 さん(株式会社国際開発コンサルタンツ)
2ポイント 終了 PDF
22150019
195回 H27.
10.29(木)
『中国諸都市のまちづくり最新事情――地下空間の活用を中心として――』(詳細PDF)

都市地下空間活用研究会
主任研究員  粕谷 太郎氏
2ポイント 終了 PDF
22150017
194回 H27.
09.08(火)
『まちづくりと連携した地下鉄整備の展開について』(詳細PDF)

東京地下鉄㈱取締役
望月 明彦氏
2ポイント 終了 PDF
22150015
193回 H27.
07.14(火)
『トヨタ財団の助成事例にみる地方創生のヒント』(詳細PDF)

公益財団法人トヨタ財団国内助成グループグループリーダー
喜田 亮子氏
2ポイント 終了 PDF
22150014
192回 H27.
06.30(火)
『新たなステージに対応した防災・減災のあり方について』(詳細PDF)

国土交通省水管理・国土保全局 防災課
大規模地震対策推進室長  藤兼 雅和氏
2ポイント 終了 PDF
22150013
191回 H27.
05.19(火)
『平成27年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)

国土交通省 都市局 まちづくり推進課
官民連携推進室長 中村 健一 氏
2ポイント 終了 PDF
22150008
190回 H27.
04.14(火)
『東日本大震災復興まちづくりのあり方に関する調査・研究』(詳細PDF)

講師:日本測地設計㈱
鳥飼 修 氏
講師:㈱市浦ハウジング&プランニング
西郷 裕之 氏
2ポイント 終了 PDF
22150003
189回 H27.
03.10(火)
『≪国土のグランドデザイン2050≫が描くこの国の未来』

(詳細PDF)
講師:国土交通省国土政策局

国土政策企画官 小松 雅人 氏
2ポイント 終了 PDF
22150002
188回 H27.
02.03(火)
『都市の彩りとは何か』(詳細PDF)
講師:㈱地域計画建築研究所

 チームリーダー 坂井 信行 氏
2ポイント 終了 PDF
22150001
187回 H26.
12.09(火)
『都市の公共オープンスペースのリノベーション ~その活用にむけての官民連携とデザイン手法~』

(詳細PDF)
講師:芝浦工業大学 システム理工学部

環境システム学科 教授 中野 恒明 氏
2ポイント 終了 PDF
22140026
186回 H26.
11.19(水)
『東日本大震災の復興から考えるこれからのまちづくり』(詳細PDF)
講師:
㈱東京建設コンサルタント 平井 一男 氏 (岩手県大槌町での取り組み)
㈱地域計画連合 菅原 康晃 氏 (福島県新地町での取り組み)
㈱アルテップ 柳瀬 有志 氏 (福島県双葉町での取り組み)
2ポイント 終了 PDF
22140024
185回 H26.
10.28(火)
『都市構造の評価に関するハンドブックについて  “人口減少に対応した都市構造の実現のために”』

(詳細PDF)
講師:国土交通省 都市局 都市計画課

企画専門官 筒井 祐治 氏
2ポイント 終了 PDF
22140022
184回 H26.
09.16(火)
『震災復興・地方都市の未来を共に創る。“身の丈まちづくりのご提案”』(詳細PDF)
講師:大和リース㈱  東京本店

PFI/PPP・震災事業推進室担当 立花 弘治 氏
2ポイント 終了 PDF
22140021
183回 H26.
07.29(火)
『復興まちづくり”とCMのあり方』(詳細PDF)
講師:㈱オオバ 震災復興事業本部

副本部長 赤川 俊哉 氏
2ポイント 終了 PDF
22140013
182回 H26.
06.24(火)
『これからの「健康・医療・福祉のまちづくり」について』(詳細PDF)
講師:国土交通省都市局街路交通施設課

企画専門官 東  智徳 氏
2ポイント 終了 PDF
22140012
181回 H26.
05.20(火)
『わが国初のライジングボラードの社会実験について』(詳細PDF)
講師:(公財)国際交通安全学会

「天下の公道」と生活道路に関する研究会 委員 松原 悟朗 氏
2ポイント 終了 PDF
22140008
180回 H26.
04.15(火)
『平成26年度都市局関係施策の概要について』(詳細PDF)
講師:国土交通省 都市局 まちづくり推進課

官民連携推進室長 中村 純 氏
2ポイント 終了 PDF
22140007
179回 H26.
03.04(火)
『東京都における密集市街地整備の取組~不燃化10年プロジェクト「不燃化特区」の取組~』(詳細PDF)
講師:東京都 都市整備局 市街地整備部

防災都市づくり調整担当課長 松本 祐一 氏
2ポイント 終了 PDF
22140002
178回 H26.
02.25(火)
『西富久地区の再開発事業  まち守る願い、住み続けられる“まちづくり”をめざして  ~住民主導の都市再生への取り組み~』(詳細PDF)
講師:(株)まちづくり研究所

代表取締役 増田由子 氏
2ポイント 終了 PDF
22140001
177回 H25.
12.17(火)
『密集市街地の再整備 住民と行政のパートナーシップのまちづくり 浦安市堀江・猫実B地区土地区画整理事業』(詳細PDF)
講師:日本測地設計(株)

技術本部 開発計画部 係長 岩城 淳一 氏
2ポイント 終了 PDF
22130024
176回 H25.
11.12(火)
『地下街の防災対策』  (詳細PDF)
講師:一般財団法人都市みらい推進機構

都市地下空間活用研究会 主任研究員 粕谷 太郎 氏
2ポイント 終了 PDF
22130023
175回 H25.
10.22(火)
『低炭素まちづくりに向けて ―コンサルタントの役どころを考える―』  (詳細PDF)
講師:㈱サンワコン 環境共生部

部長 桶谷 治寛 氏
2ポイント 終了 PDF
22130022
174回 H25.
09.19(木)
『葛城地区のまちづくり―市民協働まちづくりへの挑戦―』  (詳細PDF)
講師:一般財団法人 つくば都市交通センター

理事長 伊藤 節治 氏
2ポイント 終了 PDF
22130017
173回 H25.
07.09(火)
『官民連携による都市輸出』  (詳細PDF)
講師:UR都市機構 都市再生部

部付 長野 啓 氏
2ポイント 終了 PDF
22130016
172回 H25.
06.18(火)
『漁村と都市計画の関係について』  (詳細PDF)
講師:水産庁 漁港漁場整備部 防災漁村課

防災計画官 若山 真樹 氏
2ポイント 終了 PDF
22130015
171回 H25.
05.14(火)
『地域活性化に向けて
  ~都市の再構築戦略~』  (詳細PDF)
講師:国土交通省 まちづくり推進課

官民連携推進室 室長 佐藤 哲也 氏
2ポイント 終了 PDF
22130010
170回 H25.
04.16(火)
『商店街巻き込み型のまちづくりの実践』  (詳細PDF)
講師:第三次中野区社会福祉活動計画

策定委員 山本 祐也 氏
2ポイント 終了 PDF
22130009

 

 

 

都市計画実務者講習会

2019年度『都市計画実務者講習会』開催について(終了しました。)

CPD単位 4ポイント
認定番号 22190012

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

 ICT技術の発達・家庭への浸透によるテレワークの進展やネットビジネスの発展、さらにはIT技術の発達により得られるビッグデータの様々な分野での活用など、都市生活を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。
また、ICT技術の進展によりこれまでとは異なった手法での都市活動に関する情報の取得、いろいろな分野で得られているビッグデータ及びこれまで所得していた都市計画に関する情報の活用により、都市計画の策定において、こうした様々なデータを活用することがより的確な計画策定には必要と考えられます。
 こうした動向を踏まえ、国土交通省都市局では、「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」を『スマートシティ』と定義し、その実現に向けた取り組みを進めています。
 また、都市計画に関する業務においては、ビッグデータなどを活用した計画策定、評価などが取り組まれています。
 こうしたことから、ICT技術の進展などを踏まえた都市計画の方向性やビッグデータ等を活用した計画策定などに関する知識の習得を目的とした都市計画実務者講習会を開催します。

案内(PDF)

≪※時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承ください。≫

日  時 令和元年8月9日(金) 13:00~17:30  (受付開始12:30~)
場  所 剛堂会館ビル 1階 第2会議室 千代田区紀尾井町3-27 地図
受講料 当協会会員/公共団体 一 般(会員外)
8,000円(テキスト代含) 11,000円(テキスト代含)
受講料は08月02日(金)午前中までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
※受講料は、お振込のみの扱いとさせていただきますので、ご了承ください。
振込の折は、会社名及び氏名をご記入(入力)下さい。
申込・締切
定 員
 
講習会は終了しました。
多数の参加ありがとうございました。
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 ちょうそんかいかんしゅっちょうじょ 普通口座 №2371822
シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
申込方法
※お手数ですが、申込みは参加者1人ずつ入力お願い致します。
お申込いただいた方には自動的にメールをお出ししています。
メールが届かない場合には、お手数ですがお電話にてお問合せください。
TEL:03-3261-6058
問合せ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
       一般社団法人都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村
TEL: 03-3261-6058 / E-Mail: info@toshicon.or.jp

プログラム

スケジュール
及び
講師(内容)
13:00~13:10 開会挨拶 一般社団法人都市計画コンサルタント協会
13:1014:10 (1)スマートシティの推進について
   国土交通省都市局都市計画課
      都市計画調査室長 筒井 祐治 氏
14:1015:10 (2)都市計画基礎調査情報のオープン化
   国土交通省都市局都市計画課都市計画調査室 
      課長補佐 松田 純一 氏
休  憩
15:2016:20 (3)松山市のスマートシティの取組と活用
   松山市 
      まちづくりデザイン推進官 石井朋紀 氏
16:2017:20 (4)ビッグデータ等を利活用した都市マネジメントの高度化
   日建設計総合研究所
      理事 上席研究員 川除 隆広 氏
17:2017:30 閉会挨拶 一般社団法人都市計画コンサルタント協会事業委員会

セミナー・講習会運営部会長 三田村喜己男

 

 


 

技術士セミナー

2019年度 技術士第二次試験 受験対策実践セミナー
(建設部門 都市及び地方計画)

共 催 一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
一般社団法人 ランドスケープコンサルタンツ協会
公益社団法人 街づくり区画整理協会
後 援 公益財団法人 区画整理促進機構

2019年度技術士の第二次試験(筆記試験)が2019年7月15日(月・祝日)に実施されます。(総合技術監理部門の必須科目を除く)
 技術士の第二次試験は、平成25年度から試験内容が大きく変更になっているとともに、本年度から試験の一部が変更となっています。主な変更点は、次の通りです。
1) 筆記試験の後、口頭試験の前に提出が義務づけられた技術的体験論文は無くなり、受験申し込みの際に提出される経験実績(新しい書式になります)と合わせ、代表的な経験実績の概要の提出が義務付けられ、これが口頭試験の際の質疑に使用されます。
2) 必須科目であった択一式問題から、「技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力を問う記述論文に改正されました。(2019年度より)
3) 従来の専門科目の選択回答と合わせ、より具体的な事案等を選択し、これに対する専門知識並びに応用能力に関すること及び問題解決能力並びに課題遂行能力に関することを問う記述論文が新設されました。(2019年度より一部改正)
 都市計画コンサルタント協会では、受験者のニーズに対応するため、第二次試験(都市及び地方計画)の受験準備として4つの対策メニュー〔①~④〕を用意致しました。実務経験豊かな、会員各社の優秀な技術士の方々を講師にお迎えして、制度に対応した実践向きの講習・添削指導・模擬面接指導を行います。「都市及び地方計画」を専門とする受験者の皆様には、是非受講されることをお勧め致します。

※都市計画CPDのポイントは、下記②のみ付与されますので、ご了承下さい。

受験対策メニュー 内  容 日  程 申込締切 受講料
〔()は一般〕
①実務経験証明書

添削指導
1人の添削指導者が1回 3月13日(水)~
4月17日(水)迄

に実務経験証明書を提出

終了しました

1回あたり
6,000円
(9,000円)

 

②受験対策実践セミナー

講 習 会
於:剛堂会館ビル 第2会議室
4月19日(金)

終了しました

13,000円
(19,000円)
③選択(専門)科目 1問に対して1人の
添削指導者が1回
5月7日(火)~
6月28日(金)迄

に論文を提出
終了しました 8,000円
(10,000円)
④模擬面接指導 2人の面接指導者が
模擬面接〔約30分〕
反省会〔約30分〕
合 計〔約60分〕
(於:当協会会議室)

11月13日(水)~
22日(金)のうち1日
(希望時間を調整さ
せて頂き、
後日面
接時間をお知らせ
致します。)

申込を締め切りました。

15,000円
(23,000円)
 申込は各詳細の「申込方法」の「参加申し込み」ボタンからお申込ください。
 ※ ホームページではこれまで、実務経験に関する証明書を「業務経歴票(証明書)」と記述していましたが、「実務経験証明書」に標記を変更しました。

2019年度技術士第二次試験受験対策実践セミナー 案内(PDF)

 

原則としまして、受講料等は前払いでお振込みをお願い致しますが、(一社)都市計画コンサルタント協会 事務局 (TEL:03-3261-6058)までご連絡頂ければ、お支払い方法は対応致します。対策メニュー〔①~④〕を複数お申込みの方は、合計金額をお振込み下さい。

 

平成30年度の技術士第二次試験の建設部門・都市及び地方計画の合格者113名のうち、21名(協会で把握)の方が平成30年度の本セミナーの受講者でした。

 

《受 験 生 の 声》
[セミナー受講生]

○予想問題を含めて、実践的な内容がたくさん盛込まれたセミナーでした。どの講師の方からも、「まだ間に合います。」という励ましのコメントがあったのは、大変勇気づけられました。
○合格者の方の体験談もとてもリアルで、当日のシュミレーションの手掛かりになりました。。
○セミナー受講によって、勉強の糸口が明確になった事、また、日常業務との結びつけも有効かつ重要であることに気付くことができました。

[模擬面接受講生]

○模擬面接前に自分でも想定質問を用意してあったのですが、講師の先生からはさらに高度な質問をいただきました。実際受験してみると、模擬面接の質問事項と口頭試験での質問事項がほぼ同じで、講師の先生の指摘の正確さを感じました。
「模擬面接を受けておいて良かった」と心から思いました。
○模擬面接後のフィードバックは的を得た指摘が多く、本番への対策としては非常に役立ちました。模擬面接の方が本番より突っ込んだ質問が多く、本番が多少楽に感じたほどでした。
○受験者へのアドバイスとして、『口頭模擬面接』これに尽きると思います。(一社)都市計画コンサルタント協会の模擬面接をやりながら、想定問答作成を進めるのが良いと思います。
○『模擬面接』は自分の弱点を露呈、結果的にこれを修補できたのが結果に結びついたと感じております。後日頂戴した講評の中では、厳しく的確なアドバイスがされており、この内容は口頭準備に大いに資することができました。

 

≪都市計画CPD会員の方へ≫・・・②受験対策実践セミナー申込の方へ

CPD単位

6.5ポイント

認定番号 22190003

本セミナーは、都市計画CPDプログラムの認定を受けております。当協会より、(公社)日本都市計画学会へ受講登録の申請手続きを致しますので、『①セミナー申込書』該当欄にカード番号をご記入下さい。

※(公社)日本都市計画学会会員(法人会員及び賛助会員を除く)の方は、自動的に会員カードがお手元に送られてきておりますのでご確認のうえ、申込ページ該当欄にカード番号をご記入下さい。

※都市計画CPD認定単位登録希望の方は申込ページ申込該当欄にご記入下さい。
(必ず生年月日をご記入下さい。)

当協会より、(公社)日本都市計画学会へ受講登録の申請手続きを致しますので、当協会ホームページより申込みの際は、『①セミナー申込書』該当欄にカード番号(必ず生年月日をご記入下さい。)をご記入下さい。

◎会員番号不明の方・申請中の方は、CPD会員番号を後日当協会事務局まで、必ずお知らせ下さい。

≪建設系CPD(日本造園学会他10団体)会員の方・・参考ホームページ http://www.cpd-ccesa.org/
夫々加入されている学協会へ、『CPDポイント』付与についてお問合せください。

 

①2019年度 「実務経験証明書」詳細記述書添削指導(終了しました。)

 平成25年度から、従来筆記試験合格後提出が義務付けられていた「技術的体験論文」に変わり、受験申し込みの際の「実務経験証明書」が改定され、実務経験の中の一つを選択して、これに対する詳細をA4 1枚程度に記述して提出することになりました。筆記試験合格後の面接はこれが基になりますので、従来の体験論文同様、立場、役割、成果をより簡潔にかつしっかりと自身のスキルをアピールできるように記述することが重要です。このためかねてから好評であった「技術的体験論文」の添削と同様に会員各社の経験豊かな専門技術士による、添削指導を次のように行いますので是非お申込み下さい。
 ※ 2019年度では、実務経験証明書の変更はありません。受験申し込みにあたっては、是非この添削指導を受けられることをお勧めいたします。

添削方法 ○添削希望者の「実務経験証明書」に対して、1人の添削指導者が、原則1回の添削指導を行います。時間的な余裕がある場合は再度の添削指導も可能です。
実務経験証明書提出先 ○ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会 『添削指導』係
【切手92円貼付の返信用定型封筒を必ず同封してください。】
受付期間 2019年3月13 日(水)~4月17日(水)迄≪必着≫
※協会到着後、2週間以内に添削して返却いたします。

 (都合により遅れる場合がありますので、ご了承ください。)
申込締切日 2019年4月17日(水)≪必着≫
(公社)日本技術士会 締切≪4月24日(水)≫ の7日前としますが、早めにご提出お願い致します。
※4月8日(月)以降の申し込みの方は、『実務経験証明書のデータ』を協会宛て、郵送及び下記の問い合わせ先のE-Mailアドレスにて同時にお送りください。
申込方法
及び
問い合わせ先

終了しました。

※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058 E-Mail: info@toshicon.or.jp

添削指導料 添削指導料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
1回に対しての添削指導料(2回以上の申込可)
会員・公共団体 6,000円 一  般 9,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

 

②2019年度 受験対策実践セミナー (終了しました。)
(建設部門 都市及び地方計画)

※時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承下さい。
日    時 2019年4月19日(金) 9:30~17:00  受付開始 9:10~
場    所 剛堂会館ビル 1階 第2会議室 千代田区紀尾井町3-27
スケジュール
    及び
  講師(内容)
09:30~
   09:35
主催者開会挨拶
   一般社団法人都市計画コンサルタント協会 事業委員会

副委員長 三田村喜己男 氏
09:35~
   10:45
【1】合格を勝ち取るためのポイント
(今年度からの改正の概要、答案記述のポイント、実務経験書記述のポイント、必須科目記述への備え)

      ㈱URリンケージ

三田村喜己男 氏
10:50~
   11:50
【2】選択問題への対応策:都市計画、土地利用
      (株)国際開発コンサルタンツ

大崎 清史 氏
13:00~
   13:20
【3】受験体験談・私の技術士試験対策(H30年度 技術士合格者)
     (株)国際開発コンサルタンツ
               松本  綾 氏
13:30~
   14:30
【4】選択問題への対応策:市街地整備(区画整理、再開発)
      ㈱オオバ

大宮 正浩 氏
14:40~
   15:40
【5】選択問題への対応策:交通計画
      パシフィックコンサルタンツ(株)

渡邉 健 氏
15:45~
   16:45
【6】選択問題への対応策:公園・緑地、環境、景観
      (株)URリンケージ

高橋 和嗣 氏
16:45~
   17:00
添削指導・模擬面接指導について/主催者閉会挨拶
   一般社団法人都市計画コンサルタント協会 木村 吉晴
申込締切日 2019年4月10日(水)

申込方法
及び
問い合わせ先

終了しました

定員を80名とさせていただいています。
定員に達した場合には、キャンセル待ちも受け付けます。
ただし、受講は、キャンセル者が出た場合とさせていただきます。

※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058   E-Mail: info@toshicon.or.jp

受講料
(テキスト付)
受講料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
会員・公共団体 13,000円 一 般 19,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

 

③2019年度 「専門科目 論文」添削指導

 平成19年度から、専門科目については基礎的専門知識だけでなく自分の経験等を踏まえたより広範な応用能力が求められるようになりました。平成25年度からはこれに加えて、具体的な問題解決能力が求められます。このため会員各社の経験豊かな専門技術士による、専門科目についての添削指導を次のように行いますので是非お申込み下さい。
添削方法 ○1問に対して、1人の添削指導者が、1回の添削指導を行います。(2問以上の申込みも可能です。)
添削問題はテキスト【7】想定問題又は【8】過去問題より各自が選択してください。
注:提出論文には、必ず設問を記入してください。
○添削用紙は、テキストの巻末添付の答案用紙をコピーしてご使用下さい。(テキストは、記載されたご住所へ送付いたします。セミナーを受講された方は、当日のテキストをご使用下さい。)
論文提出先 ○ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会 『添削指導』係
(切手92円貼付の返信用定型封筒を必ず同封してください。)
論文提出受付期間

2019年5月7日(火)~6月28日(金)
※協会到着後、2週間以内に添削して返却いたします。
  (都合により遅れる場合がありますので、ご了承ください。)

※6月22日(金)以降の申し込みの方は、『専門科目論文』を協会宛て、郵送及び下記の問い合わせ先のE-Mailアドレスにて同時にお送りください。

申込締切日 2019年6月28日(金)
申込方法
及び
問い合わせ先

 

受付は終了しました。

※お問い合わせは、下記にお願い致します。

『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058 E-Mail: info@toshicon.or.jp

添削指導料 添削指導料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
1問に対しての添削指導料(2問以上の申込可)
会員・公共団体 8,000円 一  般 10,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

 

④2019年度 「模擬面接」指導申込を締め切りました。)

 面接の独特な雰囲気は誰でも緊張するものです。模擬面接を受けておくことにより本番の緊張感が取れ、平常心で臨めるものと考えられます。
 当協会では、経験豊かな専門技術士による厳しく暖かい面接指導を行いますので、是非お受けになることをお勧め致します。
面接指導方法 ○2人の面接指導者による模擬面接約30分、反省会約30分、合計約60分の面接指導を行います。
○面接指導者が準備のため必要としますので、11月7日(木)迄に受験申込み時に提出した「実務経験証明書」のコピーを協会宛てお送り下さい。尚、可能であれば、試験当日回答した論文の要約を添付いただいても結構です。
下記URLから申込みをする際、『通信欄』に受験時に選択した問題(必須科目を除きます。)の番号(3問)を必ずご記入ください。
日程 2019年11月13日(水)~22日(金)(予定)〔土,日は除く〕のうち1日(希望時間を調整させて頂き、後日面接時間をお知らせ致します。)
実務経験証明書
及び論文提出
〆切日・提出先
2019年11月7日(木)
○ 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会  『模擬面接指導』係

※11月1日(金)以降の申し込みの方は、『実務経験証明書のデータ』、論文を協会宛て、郵送及び下記の申し込み方法の欄の問い合わせ先のE-Mailアドレスにて同時にお送りください。

申込締切日 2019年11月7日(木)
申込方法

申込を締め切りました。

※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058  E-Mail: info@toshicon.or.jp

面接指導料 面接指導料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
会員・公共団体 15,000円 一  般 23,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

 

講習会・研究会・説明会・勉強会・見学会

 

多様なデータを活用した都市計画検討研修(終了しました。)

CPD単位 6ポイント
認定番号 22190009

共催(一社)都市計画コンサルタント協会
(一社)都市構造可視化推進機構

各種の統計データのオープン化、IT技術によるビッグデータの取得など、これまで活用できなかったデータが活用できるようになるとともに、GISを活用するなどにより、こうしやデータの可視化技術も進んできています。
コンパクトシティの推進やまちづくりの課題へ対応していくためには、多様なデータの可視化を活用することにより、土地利用や交通などの的確な現況分析や視化したデータによる合意形成の円滑化などに活用することが必要です。
しかしながら、こうしたことを行うためには、都市計画から見たデータの活用方法とそれを可視化するスキルが求められます。
こうしたことから、これからの都市計画に関する業務において多様なデータを活用した計画の検討を進めるため、都市計画の実務者を対象に実際にデータを活用した都市構造、現状の可視化を実際に行うなどして、具体の業務に活用できるスキルを習得して頂きます。

※ 多様なデータを活用した都市計画検討研修の案内

※ 時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承下さい。
 
日  時 令和元年6月10日(月) 10:00~17:20  受付開始 9:30~
場  所 (一社)都市計画コンサルタント協会 会議室 東京都千代田区平河町2-12-18
スケジュール
及び講師(内容)


開  会 10:00~10:10 (一社)都市計画コンサルタント協会
専務理事 木村 吉晴
都市計画関連情報を活用した都市の分析 10:10~10:40 都市計画関連情報のオープン化に向けた国土交通省の取組について 国土交通省 都市局都市計画課
都市計画調査室長
越智 健吾 氏
10:40~12:10 都市計画基礎調査情報のデータを活用した分析事例の紹介(仮) (株)日建設計総合研究所
 伊藤 慎兵 氏
 閔 健煕 氏
休     憩         12:10~13:10
都市構造可視化を活用したまちづくり 13:10~13:40 都市構造可視化を活用したまちづくり 国土交通省都市政策課
企画専門官
赤星 健太郎 氏
13:40~14:10 各自PCセットアップ セントラルコンサルタント
小坂 氏
14:10~15:50 都市構造可視化計画利用実習 セントラルコンサルタント
小坂 氏
15:50~17;10 ワークショップ~実家や故郷の都市構造を紹介しよう 福山コンサルタント
金子 氏
閉  会 17:10~17:20    一般社団法人都市計画コンサルタント協会
専務理事 木村 吉晴
定  員 定員:15名
申込
締切日
2019年6月5日(水)

申込方法
及び問い合わせ先

終了しました。
受講料
(テキスト付)
受講料は申込締切日までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
会員・公共団体 6,000円 一 般 8,000円
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
受講にあたって
  • 講習に参加される方は無線LANに接続できるパソコンをお持ちください。
    出来る限りご自身の回線(モバイルルーター等)をお持ちください。
  • 研修にあたって必要となるソフトウェア―を事前にインストールしていただきます。
    以下のドライバを事前にインストールしてください(3Dマウスドライバ)。
    https://www.3dconnexion.jp/service/drivers.html
    (事前にインストールできなかった方は、休憩時間中にご相談ください)
  • 研修終了後、研修に参加者のうちの希望者で講師を交えた交流会を開催したいと思います。

 

第3回認定都市プランナー情報交流会(終了しました。)

 

CPD単位 2.5ポイント
認定番号 22190014

 

(一社)都市計画コンサルタント協会では、認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの方々に、「情報交流会」を企画開催し、認定都市プランナー間の交流促進や都市プランナーに関わる新たな情報提供を実施しております。
第3回は、昨年度創設しました、我が国の都市計画の発展に多大の貢献があり、また象徴的存在である都市計画専門家を登録する「マスター都市プランナー」に就任されました方をお招きして、お話を伺うことにいたします。
併せて、国土交通省の方から、最近の国土交通省行政についてご講演をお願いする予定です。
また、第1期認定都市プランナーの皆様が今年度登録更新を迎えるため、昨年度に引き続き「認定都市プランナー登録更新」についての説明を行うとともに、今年度の評価依頼受け付けが開始されました「都市計画コンサルタント優良業務登録事業(略称:e-job事業)」について、事業内容の見直しが行われましたのでその説明と周知を行い、皆様との意見交換を行いたいと考えております。

※ 第3回認定都市プランナー情報交流会の案内

日  時 令和元年6月25日(火) 13:00~15:30  受付開始 12:30~
場  所 日本教育会館707会議室
東京都千代田区一ツ橋2-6-2 (http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html
スケジュール

開  会

挨  拶

13:00~13:05 (一社)都市計画コンサルタント協会

講演1
「最近の都市計画行政」について

13:05~13:50

国土交通省都市局都市計画課     
施設計画調整官 筒井 祐治 氏

講演2
これまで取り組んできたことと認定都市プランナーに期待すること(仮題)
13:50~14:40 元日本都市総合研究所代表   鳥栖那智夫 氏
元地域計画連合代表取締役社長 西多 英治 氏
都市計画コンサルタント協会都計法制定100周年記念事業協力のお願い 14:40~14:50 (一社)都市計画コンサルタント協会
都市計画コンサルタント優良業務登録事業(e-job事業)の事業内容見直しの説明と質疑応答 14:50~15:10 都市計画コンサルタント優良業務登録事業運営委員会
柳沢 委員
認定都市プランナー登録更新の説明と質疑応答 15:10~15:30 (一社)都市計画コンサルタント協会
認定都市プランナー制度運営委員会
佐伯 委員長
閉  会 15:30 (一社)都市計画コンサルタント協会
定 員 定員:80名
申込
締切日
2019年6月19日(水)

申込方法
及び問い合わせ先

終了しました。多数の参加ありがとうございました。
 

※お問い合わせは、下記にお願い致します。
『一般社団法人都市計画コンサルタント協会』
TEL:03-3261-6058   E-Mail: info@toshicon.or.jp

参加料(資料代含み) 2,000円
参加費は当日会場にて徴収します。釣銭が無いようにご用意ください。

 

 

 

令和元年度関西地区講習会(終了しました)
≪令和元年 7月23日(火)開催≫

CPD単位 3ポイント
認定番号 22190011

 

一般社団法人都市計画コンサルタント協会
一般社団法人建設コンサルタンツ協会 近畿支部

 2019 年度(令和元年度)関地区講習会を、一般社団法建設コンサルタンツ協会近畿支部との共催にて下記の通り開催します。
今年度は、第1部として、国土交通省ではIoT 等の新技術や多様なデータを駆使し、都市の問題を解決する「スマートシティ」に関する施策が進められるとともに、都市計画基本問題小委員会において「コンパクトシティ政策」の検証が行われるなど、コンパクトシティに関して新たな展開が図られています。今回は、国土交通省都市局都市計画課施設計画調整官 筒井 祐治 氏から、最近の都市計画を巡る動向について報告いただきます。
第2部では、立命館大学 政策科学部 教授 鐘ヶ江 秀彦 先生から、「AI の時代の都市構造急変における都市計画」をテーマにご報告いただきます。鐘ヶ江先生は、計画情報の観点に立脚した計画理論と計画技術、人工社会を用いた計画実験人工社会(進化計画計算論)を用いたプランニングの再現と実験などについて研究されています。
いずれもこれからの都市計画業務の実務にとって、有意義かつホットな内容の講習会と思いますので、皆様方多数のご参加をお待ちしています。
(締切日が過ぎましても、人数に余裕がある場合は受付けいたしますので、下記までお問合せ下さい。)

案内(PDF)

≪都合によりスケジュール等変更する場合があります。≫

日   時 令和元年7月23日(火) 14:00~17:10
場   所 大阪府建築健保会館 5F 会議室 会場案内地図(PDF)
〒540-0019 大阪市中央区和泉町2-1-11 Tel 06-6942-3621~5
受講料
定 員
当協会及び建設コンサルタンツ協会会員
/公共団体
一 般(会員外) 定員
5,000円(テキスト代含) 7,000円(テキスト代含) 70名
振 込 先 みずほ銀行 町村会館出張所 ちょうそんかいかんしゅっちょうじょ 普通口座 №2371822
シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛


※受講料は7月16日(火)午前中までに必ずご入金下さいますようお願い致します。
申 込 終了しました。多数の参加ありがとうございました。

 

申込・締切
問合せ
締め切り:令和元年7月16日(火)
問合せ先:一般社団法人都市計画コンサルタント協会 事務局 木村
TEL: 03-3261-6058 / E-Mail: info@toshicon.or.jp 
折返し「受付No.」をご案内いたします。

 

プログラム 開会挨拶
14:00~14:05

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
 会長
   ㈱オオバ 専務取締役執行役員 松田 秀夫 

第一部 14:05~15:35

『(仮)最近の都市計画に関する動向』

国土交通省 都市局 都市計画課
施設計画調整官 東 智徳 氏

第二部 15:45~17:05

『AI の時代の都市構造急変における都市計画』

立命館大学 政策科学部
教授 鐘ヶ江 秀彦 先生

閉会挨拶
17:05~17:10
一般社団法人都市計画コンサルタント協会
理事 関西地区協議会 世話人代表
㈱安井建築設計事務所大阪事務所都市デザイン部長 山本 勝彦

 

 

 

令和元年度都市計画実務発表会(終了しました。)
≪令和元年 9月27日(金)開催≫

CPD単位 4ポイント
認定番号 22190023

 

Ⅰ 発表会の開催

1 主旨

本年は都市計画法制定から100年を迎える節目の年となります。そして、人口減少社会の到来、都市の集約化、ICT等新技術の発達等、我が国を取り巻く社会環境は大きく変化しています。そうした時代の変化に対応し、これからの我が国の都市計画・まちづくりを進めていくにあたり、都市計画の実務を担う都市計画コンサルタントと都市計画を専門とする学識者等が都市計画の実務を通じて意見交換を行うことは、我が国の都市計画を進めていくうえで有益なことであると考えられます。また、実務に関する発表を通じて発表者及び参加者の技術力の向上や学会での論文発表等への発展も期待されます。
このようなことから、平成26年度より、公益社団法人日本都市計画学会と一般社団法人都市計画コンサルタント協会が共同して都市計画の実務に係る発表会(以下、「実務発表会」)を開催しています。
今回は、立地適正化計画制度施行から約5年が経過し、またICTなどを活用した街づくりが進められるなどの時代の変化点を迎えた昨今、これからの都市づくり・地域づくり・まちづくりに向けた取り組みなどについての発表・意見交換を行うことを目的とし『新時代における都市づくり』をテーマとして開催することとしました。
また、今回の発表会では当協会の技術委員会都市計画業務のあり方部会での検討内容についての報告も行います。

開催要領(PDF)

2 開催日時等

【日時】令和元年9月27日(金) 13:30開始 17:45終了予定(開場13:00)
    交流会18:00~19:00(希望者のみ)
【場所】日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館 6F CSTホール
    〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
【主催】公益社団法人日本都市計画学会、一般社団法人都市計画コンサルタント協会
【当日の予定】(詳細は、4プログラムをご覧ください。)

  13:00  開場  
  13:30~13:35 開会のあいさつ
  13:35~14:35 報告・講演
  14:45~17:15 実務発表(途中休憩を含む)
  17:15~17:30 休憩
  17:35~17:45 表彰・総評
  17:45  閉会  
  18:00 交流会 ※希望者のみ、会場:調整中(発表会会場付近を予定)

※ スケジュールは、発表会の運営等により変更となることがあります。

会場位置図

3 発表会のテーマ

実務発表会で募集する発表のテーマは、以下のとおりとします。

テーマ:新時代における都市づくり

平成から令和へと時代の変化の中、我が国は既に人口減少局面に突入し、未だ世界のどの国も経験したことのない少子化・超高齢社会を迎え、我が国の都市計画・まちづくりはコンパクト&ネットワーク型都市構造への転換や、都市のスポンジ化などに対応するための様々な取組みとして、公共交通と一体となった都市づくり、健康・医療・福祉政策と連携した都市づくり、地域コミュニティや官民連携まちづくりが進められてきています。そして、ICTをはじめ、新技術を活用したスマートシティーへの取組みなど、新たな時代に向けたまちづくり・都市づくりが始まっています。このような背景を踏まえ、「新時代における都市づくり」をテーマとしました。

4 プログラム

13:00            会場
13:30            開会

13:30-13:35 開会の挨拶 (一社)都市計画コンサルタント協会 会長 松田 秀夫
13:35-13:40 開催趣旨説明・発表会説明

講演・報告
13:40-14:00 協会活動「都市計画業務のあり方検討部会」報告
14:00-14:35 日本都市計画学会と都市プランナーとの研究交流活動と東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるTDMについて

14:35-14:45 休憩

第一セッション
時  間 発表内容のタイトル 所   属 氏  名
14:45-15:00 山間部狭あい道路における時間帯別一方通行社会実験 玉野総合コンサルタント株式会社
まちづくり推進部まちづくり企画課
佐多 孝徳
15:00-15:15 法34条12号に基づく特別指定区域指定に関する知見と、持続可能なまちづくりに向けた土地利用調整手法への見解 株式会社ウエスコ
関西支社技術部都市計画課
池本 悠華
15:15-15:30 コメンテーターからのコメント・質疑(8分)、会場からの質疑・討論
15:30-15:45 都市部における「空き家予備軍」の特性把握 株式会社パスコ
東日本事業部技術センター
社会情報部
大山 哲也
15:45-16:00 生駒市における空き家流通促進プラットホームの検討 株式会社地域計画建築研究所
都市・地域プランニンググループ
坂井 信行
16:00-16:15 コメンテーターからのコメント・質疑(8分)、会場からの質疑・討論
16:15-16:25 休憩
第二セッション
時  間 発表内容のタイトル 所   属 氏  名
16:25-16:40 観光地における利用者視点を加えた施設評価指標の構築と異業種協働による施設整備計画の検討について 株式会社日本設計
PM・CM部
中山 佳子
16:40-16:55 県民が主体的に活動したくなる魅力的な公園づくり
~東三河ふるさと公園における県民協働支援業務~
株式会社オオバ 名古屋支店
まちづくり部ランドスケープ課
櫻井 彩香
16:55-17:10 10の聖地が教えてくれた 都市の『聖地』づくりの極意(都市計画コンサルタント協会・まちづくり技術交流部会関西の取り組み) 株式会社 安井建築設計事務所
都市デザイン部 兼 国際部
杉野 卓史
17:10-17:30 コメンテーターからのコメント・質疑(8分)、会場からの質疑・討論

17:30-17:35 休憩

17:35-17:45 表彰式
17:45-17:50 閉会の挨拶 (公社)日本都市計画学会 会長 埼玉大学 教授 久保田 尚

18:00-19:00 交流会(希望者)

※ 発表者・発表概要(PDF)
※ スケジュール、発表者・発表内容は、変更になることもあります。

5 参加申し込み

【参加費】
  協会会員会社の職員       1,500円
  学会員             1,500円
  学生                500円
  地方自治体関係者        1,500円
  上記以外の方          2,000円
 
  交流会参加費       1,000円(予定・参加希望者のみ)

【参加定員】
  150名程度

【参加申し込み】
参加を希望される方は、下の「参加申し込み」のボタンをクリックしてください。
申込ページに移動します。
 なお、参加申し込みは、9月20日(金)までにお願いいたします。(※締切日が過ぎましても、人数に余裕がある場合は受付けいたします。ご希望の方は「6.申込先・問合せ先」までお問合せ下さい。)

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

・参加資格要件はありません。どなたでも参加できます。
・お申込み時に定員となっており、受付できない場合がありますので、予めご了承ください。
・お申込いただいた方には自動的に受付完了に関しての電子メールをお出ししています。
電子メールが届かない場合は下記の「申込先・問合せ先」までお電話でお問合せください。
・参加費は当日会場にてお支払いいただきます。なお、無断で欠席された場合には後日参加費をお支払いいただきます。(領収書等が必要な方は、事前に「申込・問い合わせ先」までご連絡ください。)
・交流会の参加費は、当日お支払い頂きます。
・お申込み頂いた個人情報は、当発表会の業務に使用させて頂く以外に、他の目的には使用いたしません。

6 申込・問合せ先

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
TEL:03-3261-6058 FAX:03-3261-5082
E-Mail :senmu@toshicon.or.jp

 

 

Ⅱ 発表者募集(発表者の募集は終了しました。)

 
1 主旨  
 本年は都市計画法制定から100年を迎える節目の年となります。そして、人口減少社会の到来、都市の集約化、ICT等新技術の発達等、我が国を取り巻く社会環境は大きく変化しています。そうした時代の変化に対応し、これからの我が国の都市計画・まちづくりを進めていくにあたり、都市計画の実務を担う都市計画コンサルタントと都市計画を専門とする学識者等が都市計画の実務を通じて意見交換を行うことは、我が国の都市計画を進めていくうえで有益なことであると考えられます。また、実務に関する発表を通じて発表者及び参加者の技術力の向上や学会での論文発表等への発展も期待されます。
 このようなことから、平成26年度より、公益社団法人日本都市計画学会と一般社団法人都市計画コンサルタント協会が共同して都市計画の実務に係る発表会(以下、「実務発表会」)を開催しています。
 今回は、立地適正化計画制度施行から約5年が経過し、またICTなどを活用した街づくりが進められるなどの時代の変化点を迎えた昨今、これからの都市づくり・地域づくり・まちづくりに向けた取り組みなどについての発表・意見交換を行うことを目的とし『新時代における都市づくり』をテーマとして開催することとしました。
 以上より、都市計画コンサルタント協会の会員企業及び日本都市計画学会の正会員からの実務に関する発表を募集します。

※ 応募用紙は、「5.応募方法」からダウンロードしてください。

※ 令和元年度 都市計画実務発表会 発表者募集要項(PDF)

 
2 開催概要  

令和元年度 都市計画実務発表会 開催概要

【テーマ】新時代における都市づくり
【日時】令和元年9月27日(金) 13:30開始 17:45終了予定(開場13:00)
 交流会18:00~19:00(希望者のみ)
【場所】日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館 6F CSTホール
    〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
【主催】公益社団法人日本都市計画学会、一般社団法人都市計画コンサルタント協会

    

 
3 募集する実務発表のテーマ  

 実務発表会で募集する発表のテーマは、以下のとおりとします。

テーマ:新時代における都市づくり

平成から令和へと時代の変化の中、我が国は既に人口減少局面に突入し、未だ世界のどの国も経験したことのない少子化・超高齢社会を迎え、我が国の都市計画・まちづくりはコンパクト&ネットワーク型都市構造への転換や、都市のスポンジ化などに対応するための様々な取組みとして、公共交通と一体となった都市づくり、健康・医療・福祉政策と連携した都市づくり、地域コミュニティや官民連携まちづくりが進められてきています。そして、ICTをはじめ、新技術を活用したスマートシティーへの取組みなど、新たな時代に向けたまちづくり・都市づくりが始まっています。このような背景を踏まえ、「新時代における都市づくり」をテーマに、キーワード例に示すような業務分野の発表を募集します。

【実務発表のキーワード例】 ここに示すキーワードはあくまで一例です。
【新時代に向けたコンパクトな都市づくり】
 ○都市計画マスタープラン、コンパクト&ネットワーク、立地適正化計画、都市計画基礎調査、中心市街地の活性化、市街地のスプロール化抑制、都市のスポンジ化対策、都市インフラ(道路・公園等)の利活用、都市機能・施設の集約化・リノベーション・コンバージョン、公共空間利活用、団地再生、密集市街地対策、空き地・空き家の活用、都市農地の活用、特区制度等を活用したまちづくり など
【公共交通と一体となった新時代の都市づくり】
 ○地域公共交通網形成計画・再編実施計画、パーソントリップ調査、鉄道と一体となった駅周辺まちづくり、駅前広場再整備、まちづくりと一体となった公共交通の再編、LRTやBRTを活用した都市づくり、地方都市における公共交通の維持・確保、交通結節点とまちづくり、買い物難民対策、フリンジパーキング、都市計画道路の見直し、次世代交通システム、超小型モビリティ など
【健康・医療・福祉政策と連携した新時代の都市づくり】
 ○歩きたくなる都市づくり、歩いて暮らせる都市づくり、歩行者や自転車にやさしい都市づくり、歩行者の復権や都市のモビリティの転換 など
【新時代に向けた地域コミュニティ・官民連携まちづくり】
 ○地域コミュニティによるまちづくり、小さな拠点づくりや中山間地域づくり、官民連携まちづくり、政策連携や異分野との連携、大学や研究組織との連携、プレイスメイキング など
【新技術を活用した都市づくり】
 ○ICT・IoTを活用した都市づくり、スマートシティー、ビッグデータを活用した都市づくり、ITS・MaaS(Mobility as a Service)・自動運転等を活用した新時代の都市づくり など
【その他】
 ○低炭素都市づくり、復興まちづくり、歴史文化の継承・活用、観光まちづくり、水と緑のまちづくり、防災まちづくり、交通安全とまちづくり など

また、単なる実務報告に留まらず、その後の対象地や事業等の状況報告や、実務を通じて「これからの都市(都市活動)はどのように変化し、それに対して都市づくりはどうあるべきか」、「新時代に向けた都市づくりはどのように進めるべきか」、「そのために異なる分野とどのように連携すべきか」などに関する提案や問題提起などについて発表のなかで触れていただくことを期待します。

 
4 応募資格  
 実務発表への応募資格は、以下のいずれかに該当する方とします。
①代表発表者が、一般社団法人都市計画コンサルタント協会の正会員、準会員、賛助会員の法人・団体に所属する方、または個人準会員の方であること。
②または、代表発表者が、公益社団法人日本都市計画学会の正会員であること。
注1):②は実務者による実務報告に限ります。例えば、大学の研究室による現場報告等については、学会の他の発表機会をご利用ください。
注2):共同発表の場合、当日に発表頂く方は代表発表者のみ(原則1名)とします。
 
5 応募方法  

・実務発表会に発表者として応募していただく方は、別添の「令和元年度 都市計画実務発表会 応募用紙」(以下、「応募用紙」)に必要事項を記入のうえ、下記のアドレス宛のメールに「応募用紙」を添付してお送りください。

応募用紙送付先(都市計画コンサルタント協会事務局宛て):senmu@toshicon.or.jp

  • メールの件名は「都市計画実務発表会応募」としてください。
  • 「応募用紙」はwordまたはPDFにより作成しメールに添付してください。
  • 応募期限は、令和元年6月28日(金)とします。
  • 応募いただいた方には、事務局よりメールにて受領した旨を返信します。返信の無い場合は、お手数ですが「12 お問い合わせ先(事務局)」に記載した電話番号までお問い合わせください。

応募用紙(Word)

 
6 発表方法  
  • 応募用紙をお送りいただいた方には、後日事務局から実務発表原稿の作成を依頼させていただきます(詳細は別途ご案内します)。
  • 実務発表原稿の分量はA4用紙で4枚以内とします(図表を含みます)。
  • 実務発表会では、実務発表原稿をもとに1件あたり15分間(予定)で発表をしていただきます。
    なお、発表申込が多数の場合には、ポスターセッションにて発表いただく場合もあります。
  • 口頭発表はパワーポイントによる発表といたします。発表者の方は、パワーポイント用データを作成し、令和元年9月13日(金)までに事務局に送付をお願いします。パソコン、プロジェクター、スクリーン等については事務局にてご用意します。なお、ポスターセッションとなった方には、別途様式等をご連絡させていただきます。
  • 発表会では、数名ずつ発表していただいた後に有識者(学識者、協会関係者等)からのコメントや参加者との意見交換、質疑応答を行うことを予定しています。
 
7 参加費  
 発表される方も発表会への参加費をご負担いただきます。(1,500円)
 応募された方には後日、原稿の作成依頼と合わせて参加費等についてもご案内します。
 
8 注意事項  
 応募される方は、以下の注意事項をご確認ください。

  • 実務発表原稿は、実務発表報告集として発表会参加者に配布するほか、発表会後に一般社団法人都市計画コンサルタント協会のホームページに掲載します。
  • 実務発表原稿の締切日までに、発表に係る業務の発注者から発表内容を含めて発表することについて了解を得てください。実務発表会においては、発表内容を含めて発表することは当該業務の発注者の了解が得られているものとして扱います。
  • 発表者ご自身が既に学術論文や他の発表会、シンポジウム、講習会等で公表した内容の一部が含まれていても可とします。
  • 発表内容に公序良俗に反するような記載がある場合は、修正等をお願いすることがあります。
 
 

 

9 応募から発表までの流れ  

応募の開始から実務発表会当日までの流れは以下のとおりです。(予定)

 

 
10 表彰  
 投稿していただいた原稿は、有識者等で構成される選考委員会にて選考を行い、優れた内容については発表会当日に表彰を行います。  
11 認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの認定申請等にあたって  
 実務発表された業務は、認定都市プランナー及び認定准都市プランナーの認定申請書の実務実績の特記事項に記入することができます。
 また、発表された方は、認定の更新にあたって求められるCPDとして10単位(表彰された場合は20単位)を得たものとみなされます。
 
12 お問い合わせ先(事務局)  

 実務発表会への応募に関するお問い合わせは下記までお願いします。

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 ハイツニュー平河3F
一般社団法人 都市計画コンサルタント協会 事務局(担当:木村)
TEL 03-3261-6058  FAX 03-3261-5082
E-mail:senmu@toshicon.or.jp
 

 

 

『ファシリテーター養成講座』のご案内(終了しました。)
≪令和元年 8月23日(金)開催

CPD単位 6ポイント
認定番号 22190013

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

 都市計画やまちづくりにおいて、住民の理解や協働等が重要な業務となっています。これらの業務においては、ファシリテーターとしての役割を果たすことが求められてきています。
このため、当協会ではファシリテーターの技術の向上を図るための講座を開催しており、 これまで都市計画コンサルタントに勤務されている方のほか、デベロッパー関係者の方など 多くの方が受講されています。
ファシリテーターとしては、特に広い視野で実践的にコミュニケーションを深めることが重要であると考え、講師として、行政や住民に対して様々なイベントや講座の企画や講師をつとめ、また有能なコミュニティ活動や起業活動のリーダーであり、ファシリテーターでもある広石拓司先生と手塚佳代子先生にお願い致しました。
今後の都市計画、まちづくりにおける重要なスキルで、それを習得できる有意義な講習会 であると考えます。

ご案内(PDF)

≪時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承ください。≫
日   時 令和元年08月23日(金) 10:00~17:00  (受付開始 9:30~)
場   所 剛堂会館ビル 1階第2会議室 東京都千代田区紀尾井町3-27 
スケジュール
及び
講師(内容)
10:0010:20 開会(都市計画コンサルタントにおけるファシリテーターの役割)

(一社)都市計画コンサルタント協会 前事業委員   大村  敏
10:2011:10 『ファシリテーターの役割』

㈱エンパブリック 代表取締役 広石 拓司 氏
11:1012:00 『ファシリテーションの手法』

NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー(TFF)
理事長 手塚 佳代子 氏
13:0014:30 『まちづくりとワールドカフェ(新しいワークショップ手法)』

NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー(TFF)
理事長 手塚 佳代子 氏
㈱エンパブリック 代表取締役 広石 拓司 氏
14:4016:50 『ファシリテーションの実技』

㈱エンパブリック 代表取締役 広石 拓司 氏
NPO法人チューニング・フォー・ザ・フューチャー(TFF)
理事長 手塚 佳代子 氏
16:5017:00 閉会

(一社)都市計画コンサルタント協会 事業委員会 委員長
㈱計画技術研究所 代表取締役 佐谷 和江

※12:00~13:00の間は食事時間になっておりますので、各自おとりください。

申込締切日 令和元年08月19日(月) 定 員 60名
お申込

本年度の講座は終了しました。
多数のご参加ありがとうございました。

受講料 受講料は08月19日(月)午前中までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。
受講料は、お振込のみの扱いとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
会員及び公共団体  9,000円(テキスト代含む) 一般 13,000円(テキスト代含む)
振込先 みずほ銀行 町村会館出張所 ちょうそんかいかんしゅっちょうじょ 普通口座 №2371822
シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛
問い合せ先 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18-3F

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村

TEL:03-3261-6058/FAX:186-03-3261-5082/E-Mail:info@toshicon.or.jp

 

 

 

『認定都市プランナー登録更新連続セミナー』のご案内(終了しました。)

 

第1期認定都市プランナーの皆さんは、今年度初めての登録更新を迎えることとなります。登録更新にあたって最も大きなハードルは必要とされるCPDポイントの取得であると考えられます。
登録更新に必要なCPDポイント数は、認定都市プランナーで100ポイント以上であり、またこのうち都市計画CPDが最低20ポイント以上必要です。
本制度は来年には、国土交通省の技術者資格登録が出来る見通しであり、これにより、より活用の範囲が広がるものと想定されます。
せっかく取得した資格の継続を行うことは、ご本人のためであるとともに、本制度の持続的発展のためにも必要です。
このため、10月4日からの第1期認定都市プランナーの登録更新の受付を控え、連続セミナーを開催し、CPDポイントの取得を促すこととします(本セミナーは都市計画CPDポイントの対象となります)。
なお、本セミナーは、認定都市プランナー以外の方も参加が出来ます。
 

都市懇サロンを次のように予定しておりますので皆様の参加をお待ちしております。

各回共通開催時間:18:00~20:00
開催場所:当協会会議室
定  員:25名
申込締切:各開催日の前日までにお願いいたします。


認定都市プランナー登録更新連続セミナーを次のように予定しておりますので皆様の参加をお待ちしております。
(都合により、テーマ及び講師の方が変更になる場合がありますので、ご了承ください。)
※お申込いただいた方には自動的にメールが送信されます。メールが届かない場合には、お手数ですがお電話にてお問合せ下さい。TEL:03-3261-6058

開催年月日 テーマ 都市計画CPD
(ポイント
及び
認定番号)
お申込み
(ボタンをクリック)
第1回 R01.
9.20(金)

都市計画の新たな領域の現状と展望 ~AIと都市づくり~

(一財)都市防災研究所 理事 守 茂昭 さん
(セミナーの内容、守さんのプロフィール PDF)

2ポイント
終了しました
22190026
第2回 R01.
9.25(水)

日本の郊外都市開発の経験を海外に、そして未来に生かす ~港北ニュータウン開発~

元UR都市機構                  
有限責任事業組合まちテラス 松井 雅彦 さん
(セミナーの内容、松井さんのプロフィール PDF)

2ポイント 終了しました
22190027
第3回 R01.
9.26(木)

地方都市の再開発 ~賑わいの担い手は~

(株)アール・アイ・エー           
東京支店計画一部 部長 渡邉 岳 さん
(セミナーの内容、渡邉さんのプロフィール PDF)

2ポイント 終了しました
22190028
第4回 R01.
10.2(水)

都市計画の新たな領域の現状と展望 ~エリアマネジメント~

(株)フロントヤード代表取締役 長谷川 隆三 さん
(セミナーの内容、長谷川さんのプロフィール PDF)

2ポイント
終了しました
22190029
第5回 R01.
10.4(金)

日本の郊外都市開発の経験を海外に、そして未来に生かす ~つくばエクスプレス沿線開発~

元UR都市機構 安達 哲郎 さん
(セミナーの内容、安達さんのプロフィール PDF)

2ポイント
終了しました
22190030

 

 

都市構造可視化研修 in 九州・関西

多様なデータを使って、都市構造を可視化したりすることは、その都市の構造、都市問題の原因などを理解するうえで大変有用であり、地元関係者などへの説明、関係機関との協議・調整において活用されています。
こうしたことから、今年度の6月7月に多様なデータを活用した都市計画検討研修を行いました。
研修には多くの方が参加されましたが、開催地が東京であったため、地方で勤務されている方が参加できないことがありました。
こうした状況を踏まえ、また地域のコンサルタントの方々の多大なご協力が得られることもあり、関西地区(大阪市)と福岡地区(福岡市)で、東京で実施した研修のうち、都市構造の可視化に関する内容について研修を行うこととしました。
今後、業務を行う上での参考になるかと思います。
多くの皆様の参加をお願いいたします。

【九州地区研修会】(終了しました。)

CPD単位 4ポイント
認定番号 22190034

 

 

共催(一社)都市計画コンサルタント協会   
(一社)建設コンサルタンツ協会 九州支部
(一社)都市構造可視化推進機構     

※ 都市構造可視化研修 in 九州の案内(PDF)

※ 時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承下さい。
 
日  時 令和元年10月24日(木) 13:00~17:20  受付開始 12:30~
場  所 (一社)建設コンサルタント協会 九州支部 会議室
福岡市博多区博多駅東1-13-9 いちご博多駅東ビル8階
スケジュール
及び講師(内容)


開  会 13:00~13:10 (一社)都市計画コンサルタント協会
都市構造可視化を活用したまちづくり 13:10~13:40 都市構造可視化を活用したまちづくり

(一社)都市構造可視化推進機構

田中 雄一 氏

13:40~14:10 各自PCセットアップ

(株)福山コンサルタント

結城 勲 氏

14:10~15:50 都市構造可視化計画利用実習
15:50~17;10 ワークショップ~実家や故郷の都市構造を紹介しよう
閉  会 17:10~17:20    一般社団法人都市計画コンサルタント協会
専務理事 木村 吉晴
定  員 定員:15名
申込
締切日
2019年10月17日(木)

申込方法
及び問い合わせ先

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。
問い合わせ先
(一社)都市計画コンサルタント協会
事務局 木村
E-mail:senmu@toshicon.or.jp FAX:186-03-3261-5082
問い合わせ先:(一社)都市計画コンサルタント協会
電話:03-3261-6058 FAX:03-3261-5082
E-mail:senmu@toshicon.or.jp

受講料
(テキスト付)
受講料は10月18日午前中までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。会員・公共団体6,000円一 般8,000円振込先みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

受講にあたって
  • 講習に参加される方は無線LANに接続できるパソコンをお持ちください。
    出来る限りご自身の回線(モバイルルーター等)をお持ちください。
  • 研修にあたって必要となるソフトウェア―を事前にインストールしていただきます。
    以下のドライバを事前にインストールしてください(3Dマウスドライバ)。
    https://www.3dconnexion.jp/service/drivers.html
    (事前にインストールできなかった方は、休憩時間中にご相談ください)

 

【関西地区研修会】

CPD単位 4ポイント
認定番号 22190035

 

 

共催(一社)都市計画コンサルタント協会
(一社)都市構造可視化推進機構  

  ※ 都市構造可視化研修 in 関西の案内(PDF)

※ 時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承下さい。
 
日  時 令和元年11月27日(水) 13:00~17:20  受付開始 12:30~
場  所 株式会社 安井建築設計事務所 5階ラウンジ
大阪市中央区島町2-4-7 
スケジュール
及び講師(内容)


開  会 13:00~13:10 (一社)都市計画コンサルタント協会
都市構造可視化を活用したまちづくり 13:10~13:40 都市構造可視化を活用したまちづくり

(一社)都市構造可視化推進機構

田中 雄一 氏

13:40~14:10 各自PCセットアップ

(株)セントラルコンサルタント

小坂 知義 氏

14:10~15:50 都市構造可視化計画利用実習
15:50~17;10 ワークショップ~実家や故郷の都市構造を紹介しよう
閉  会 17:10~17:20    一般社団法人都市計画コンサルタント協会
専務理事 木村 吉晴
定  員 定員:20名
申込
締切日
2019年11月26日(火)

申込方法
及び問い合わせ先

問い合わせ先
(一社)都市計画コンサルタント協会
事務局 木村
E-mail:senmu@toshicon.or.jp FAX:186-03-3261-5082
問い合わせ先:(一社)都市計画コンサルタント協会
電話:03-3261-6058 FAX:03-3261-5082
E-mail:senmu@toshicon.or.jp

受講料
(テキスト付)
受講料は11月26日(火)までに必ずご入金下さいますようお願いいたします。会員・公共団体6,000円一 般8,000円振込先みずほ銀行 町村会館出張所 普通口座 №2371822
口座名: シャ)トシケイカクコンサルタントキョウカイ 宛

受講にあたって
  • 講習に参加される方はご自身の回線(モバイルルーター、携帯電話のテザリング等)をご用意ください。
  • 研修にあたって必要となるソフトウェア―を事前にインストールしていただきます。
    以下のドライバを事前にインストールしてください(3Dマウスドライバ)。
    https://www.3dconnexion.jp/service/drivers.html
    (事前にインストールできなかった方は、休憩時間中にご相談ください)

 

 

 

都市計画法制定100周年記念事業

都市計画のこれまで、これから
(終了しました。)

 

CPD単位 3.5ポイント
認定番号 22190031

 

 

 

 

大正8 年(1919 年)の都市計画法制定により我が国の近代都市計画がスタートしてから1 世紀が経過し、これまでに様々な都市計画や事業、活動などにより数多くの都市や地区が形成されました。 都市計画法制定100 年を迎える節目にあたり、協会では、全国に「これまで」形成された都市や地区を振り返るとともに、都市計画やコンサルタントが「これから」担うべき役割や持つべき視点を皆様とともに考える記念行事を開催します

 ■主 催 一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
 ■後 援 国土交通省、都市計画協会、日本都市計画学会、日本都市計画家協会
 ■日 時 令和元年10 月25 日(金) 13 時30 分~(13 時開場)
 ■会 場 全国町村会館 2階ホール(千代田区永田町1-11-35)
   東京メトロ永田町駅3番出口徒歩1分(裏面参照)
 ■参加費 無料(どなたでも参加できます。)

【開催概要】 都市計画法制定100周年事業案内(PDF)
第1部
  認定都市プランナーがお薦めする”まち”10選の発表
多くの認定都市プランナーが、これまでの知見・経験から、全国の“まち”を見渡して、次の100年に向けても受け継いでゆきたいと、世の中にお薦めする“まち“(都市又は地区)を選定し、そのうち評価が高かった上位10地区を発表します。


第2部
  パネルディスカッション『これからの都市と都市計画』(仮)
都市と都市計画を取り巻く環境や日本人のライフスタイルがどのように変わり、我々都市計画に携わるものがそれらにどのように対応していくべきかを考えるため、各分野の専門家によるディスカッションを行います。

       コーディネーター 東京大学大学院 教授  小泉秀樹 氏
       パネリスト    ⾼崎経済大学  准教授 大澤昭彦 氏
                京都大学    教授  広井良典 氏
                明治大学    准教授 南後由和 氏
                NHK大型企画開発センター
                            青柳由則 氏
       都市計画コンサルタント協会    理事  西尾京介
                     ((株)⽇建設計総合研究所)

【参加申し込み】
参加を希望される方は、下の「参加申し込み」のボタンをクリックしてください。
申込ページに移動します。
 なお、参加申し込みは、10月18日(金)までにお願いいたします。(※締切日が過ぎましても、人数に余裕がある場合は受付けいたします。ご希望の方は下記までお問合せ下さい。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

・参加資格要件はありません。どなたでも参加できます。
・お申込み時に定員となっており、受付できない場合がありますので、予めご了承ください。
・お申込いただいた方には自動的に受付完了に関しての電子メールをお出ししています。電子メールが届かない場合は下記の「申込先・問合せ先」までお電話でお問合せください。
・お申込み頂いた個人情報は、当発表会の業務に使用させて頂く以外に、他の目的には使用いたしません。

【問い合わせ先】
   一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村
   〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18  ハイツニュー平河3F
   TEL:03-3261-6058 FAX:03-3261-5082
   E-Mail :senmu@toshicon.or.jp

 

令和元年度見学会 「千里ニュータウン再生のリアリティ」
≪令和元年 11月15日(金)開催≫

CPD単位 4.5ポイント
認定番号 22190039

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会

 

 千里ニュータウンは、1962年にまちびらきをした1,160㏊、計画人口15万人の我が国最初の大規模ニュータウンです。近隣住区、厳格なゾーニング、豊かな公園緑地、歩車分離システム等が良好な居住環境を実現しており、高度成長期の都市計画遺産のひとつといえます。住民の急速な高齢化、近隣住区・単一ゾーニングによる土地利用の閉塞性などの課題が顕在化してきました。近年、団地やセンター地区の再整備が活発化し、過去10年間で7300戸超の分譲マンションが供給され、人口の回復、若年層転入等の効果が見えつつあります。一方で近隣センターの停滞や増加しつつある戸建て住宅地の空き家など、まだまだ取り組むべき課題も多い状況です。

 全国で、高度成長期に建設された郊外ニュータウンの再生が課題となっているなか、千里ニュータウンの再生の現状を視察し、理解を深めるための見学会を開催いたします。今回は、千里ニュータウンにお住まいであり、千里育ち・千里在住のニュータウン研究者・千里パブリックデザイン代表の奥居 武さんに市民目線での千里ニュータウン再生についての講義をいただき、現地をご案内いただく企画といたしました。

 また、現地見学会終了後、東西交流会を予定したいと思います。こちらにも多数のご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

ご案内(PDF)

≪時間、内容、講師等変更する場合がありますのでご了承ください。≫
日   時 和元年11月15日(金) 見学会・講演会 13時~17時30分
東西交流会 17時30分~20時00分(予定)
申込締切 令和元年11月8日(金)まで
定  員 25名(定員になり次第申込の受付を終了いたしますのでご了承下さい。)
参加費用 見学会:2,500円(当日徴収いたします。また、現地までの交通費は自己負担です。)
交流会:5,000円程度/人(現地で徴収いたします。)
集合場所 集合時間 13時 北大阪急行 千里中央駅付近(せんちゅうパル 南広場 「A L F H E I M 千里中央店( パン屋)」前)
解散場所 北大阪急行 千里中央駅付近
申込方法
申込が定員に達しました。
キャンセル待ちを希望される方は、senmu@toshicon.or.jpまでご連絡ください。
問合せ先 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-18 3F
一般社団法人都市計画コンサルタント協会  事務局 担当:木村TEL: 03-3261-6058  E-Mail: senmu@toshicon.or.jp

 

 

 

2019年度全国大会(第54回学術研究論文発表会) ポスター展示募集
≪令和元年 11月08日(金)~10日(日)開催≫
ポスター展示の応募は締め切りました。

 

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
 

 日本都市計画学会では、これまで毎年開催していました学術研究論文発表会を、全国大会に名称を変更するとともに、開催期間を2日間から3日間としました。
全国大会の初日は、現地見学、シンポジウム、交流会などを開催し、都市計画に係る者の交流などを目的としたイベントが開催され、都市計画コンサルタント協会も日本都市計画学会との連携事業として交流会や都市計画コンサルタントを紹介するポスターの展示等を行いました。(昨年度の連携事業については、こちらをご覧ください。https://www.toshicon.or.jp/wp/wp-content/uploads/2019/04/review2019-02.pdf)

今年度の全国大会は、11月8日(金)から10日(日)において横浜市開港記念館を中心として開催され、今年度の全国大会においても昨年度と同様に都市計画コンサルタント協会も連携事業として参加すっることを予定し、交流会、都市計画コンサルタントを紹介するポスター展示を行うことを予定しています。
こうした活動は、社会に都市計画コンサルタントの仕事に対する理解を広げ、ひいては業界の地位向上に資する物であり、また会員会社と都市計画に関わる学識者との交流の促進などの観点から協会として積極的に参加していくことが必要と考えています。
また、ポスター展示は、各社のPRの場ともなり、昨年度の事例では全国大会には大学生も多く参加することから、新卒者のリクルートにも効果があったともお聞きしています。
今後、連携事業の企画・調整を進めていますが、ポスターの展示を希望される会員企業様を把握し、これをもとに展示場所を確保していきたいと思います。
つきましては、展示を希望される会員企業様は、下記により、こちら(senmu@toshicon.or.jp)までご連絡ください。
なお、展示車の募集については再度行う予定ですが、今回希望された会社様を優先します。

よろしくお願いいたします。

全国大会におけるポスター展示(ポスター展示実施要領

展示期間 2019年11月8日(金)から10日(日)までの3日間 この期間中のうち、9日、10日の正午から14時ごろまでは「ポスターセッション」として開催することが予定されていますので、できれば担当者の方の配置をお願いします。
展示できるポスター A1 1枚から2枚(希望者が多数の場合は、1枚になります。)
ポスターの内容 民間の都市計画コンサルタントが実際に関わった都市計画・まちづくり分野の実務の内容を紹介するもの。出展者の会社の概要をアピールして頂いても結構です。
(昨年度展示しましたポスターの一部を、https://www.toshicon.or.jp/katsudo#iinkaiの6.関西地区協議会に掲載されています。ご参考にしてください。)

 

ポスター展示応募用紙

ご不明な点は、下記までご連絡ください。

一般社団法人 都市計画コンサルタント協会  
       木村 吉晴
       東京都千代田区平河町2-12-18  〒102-0093
       TEL :03-3261-6058
FAX :186-03-3261-5082
       e‐mail:senmu@toshicon.or.jp