2022年度(令和4年度)より、法人格を有さない個人事業主として営んでいる方(いわゆるフリーランスの方)も認定審査を受けることが出来るようになりました。
 これにより、一定以上の実務実績を有する民間の都市計画実務専門家であれば、誰でも認定審査を受けることが出来ます。

また、昨年度より、認定准都市プランナーは、専門分野を選択しないで申請が可能となりました。これにより、専門分野が定まらない若い方々が受験し易くなりました。

認定都市プランナー(Certified Urban and Regional Planner) トピックス
2022.4.1
NEW 
2022年度(令和4年度))認定都市プランナー、認定准都市プランナーの認定審査を実施します。
詳細は「認定審査 実施要項」をご覧ください。
2022.2.22 2021年度認定都市プランナー、認定准都市プランナーの新規登録者を「データーベース」に登録しました。
また、今年度までの認定都市プランナー、認定准都市プランナーの実績を「これまでの実績」に掲載しています。
2021.12.10 令和3年度(2021年度)、マスター都市プランナーとして「古池 弘隆」さんに就任いただきました。
2021.11.29 11月25日実施の評価委員会において、2021年度認定都市プランナー 口頭審査の合否判定が決定しました。
合格者の受験番号を「令和3年度認定都市プランナー口頭審査合格者名簿」よりご覧になれます。
受験者には後日結果通知書を郵送にてお送りします。
2021.11.12 2021年度認定都市プランナー登録更新の期限は11月19日です。登録更新申請書を提出いただき、書類審査の結果、受理された方には新しい登録証を郵送しました。
登録期限は2026年3月31日です。
都市計画に関する研修等スケジュール

掲載団体:(順不同)
公益財団法人 都市計画協会
認定特定非営利活動法人 日本都市計画家協会
公益社団法人 街づくり区画整理協会
一般財団法人 都市みらい推進機構
公益社団法人 都市づくりパブリックデザインセンター
公益社団法人 日本都市計画学会
一般社団法人 都市計画コンサルタント協会
一般財団法人 計量計画研究所